【別荘オーナー募集】民泊ではじめる別荘運用(対象となる住宅)

別荘の空いた時間を利用して民泊運用。
まずは住宅宿泊事業を実施することができる「住宅」の設備要件と居住用件について確認してみましょう。

【設備要件】
「台所」「浴室」「便所」「洗面設備」の4つの設備が必要です。
別荘として利用している建物であれば、まず問題なくクリアできるかと思います。
ちなみに、必ずしも1棟の建物内に設けられている必要はないので、同じ敷地内の建物の設備を使用することも可能です。

 


【居住要件】
対象となる家屋は、下記のいずれかに該当する必要があります。
(1)「現に人の生活の本拠として使用されている家屋」
特定の人が生活を継続して営まれている家屋なので、短期的な場合は該当しません。

(2)「入居者の募集が行われている家屋」
住宅宿泊事業を行っている間、分譲(売却)又は賃貸の形態で、居住用住宅として入居者の募集が行われている家屋です。

(3)「随時その所有者、賃借人又は転借人の居住の用に供されている家屋」
生活の本拠としては使用されていないものの、その所有者等により随時居住利用されている家屋です。
・別荘等季節に応じて年数回程度利用している家屋
・休日のみ生活しているセカンドハウス
・相続により所有しているが、現在は常時居住しておらず、将来的に居住することを予定している空き家 など

別荘での民泊運用を検討されている場合は(3)に該当します。


STAYCATIONでは、民泊申請に伴う管理業の受託や、事業者申請など、煩わしい行政とのやり取りや面倒な申請手続きなど、別荘オーナー様に代わって “手数料無料” にてお引き受けしております。
別荘オーナー様は申請に伴う費用実費のご負担だけで済むので、初期費用を抑えて民泊運営をスタートすることが可能です!
別荘運用にご興味がある別荘オーナー様は、まずはお気軽にお尋ねください。

<別荘運用に関するBlogは こちら

<別荘オーナー募集の お問合せ先
Tel:03-6379-7591
Email:stay_contact@staycation.jp

Page Top