【別荘オーナー募集】民泊運用で別荘の維持費をまかなう

所有しているだけで掛かる別荘の維持費

別荘は購入時の初期費用のほかに、さまざまな維持・管理の費用がかかります。

◎税金(固定資産税、都市計画税、住民税)
◎管理費(電気ガスの基本料金、上下水道、保険料、借地料、温泉料、別荘地内の管理費用など)
◎その他(修繕メンテナンス費、設備の保守点検など)

格安の中古物件などもありますが、あとから修繕が必要な箇所が見つかり、思ったより費用がかかってしまう場合や、
エリアや物件によっては、売却しようと思っても難しく、ずっと維持費を払い続けなければならないことも。
そのため、購入時にはしっかり将来的なランニングコストも試算しておくことが大切です!

 

別荘の使わない時間を貸し出して収益物件に

維持費以外にも、定期的な室内の換気やお庭の草むしりなど
別荘を所有・維持するためには、いろいろと手間がかかります。

それなのに実際に使用するのは、年間わずか数日程度。
ご両親より相続されたが使い道が分からない、
仕事の状況やお子様の成長などにより使用頻度が減ってしまうケースなどが多くあります。

思い入れのある別荘を、遊休資産にしてしまうのは勿体ない。
それなら、別荘の使用してない時間を貸し出して、維持するための負担を減らしませんか。

使わない時間をゲストへ貸し出すことにより
定期的に設備が使用されたり、清掃が入ることにより、建物も良い状態を保つことができます。
大切な別荘を貸すのは不安もあるかと思いますが
STAYCATIONでは、自社施設での10年以上のバケーションレンタルのノウハウを活かして
お客様とのメッセージやり取りや予約管理、万が一の補償フォローまでご対応いたします。
地域エリア、建物の現状・間取りなどにより
どのような運用方法がベストなのか、別荘オーナー様の希望をお聞きしながら進めていきます。

 

使わないときは貸し出して、収益を得る、そして維持する。

そんな別荘の運用にご興味がある別荘オーナー様や
これから購入予定・リフォーム検討中の方も、まずはお気軽にお問い合わせください。

 


<別荘運用に関するBlogは こちら

<別荘オーナー募集の お問合せ先
Tel:03-6379-7591
Email:stay_contact@staycation.jp

Page Top