【支配人】だめにんげん祭り 飛騨高山・白川郷②

だめにんげん祭り、次なる目的地は、飛騨古川市の渡辺酒造店さん。
もともと両替商や生糸を販売していた豪商の渡辺家、五代目が京都で飲んだお酒が美味しくて、1870年に酒造りを始めたんですって。(いま九代目)

今年から麹(こうじ)担当になった、若き蔵人(くらびと)田邊さんが熱ーく蔵を案内してくれました!
13_渡辺酒蔵

14_田邊さん
*とても清潔で温度・湿度管理がいきとどいた麹室(こうじむろ)
田邊さんは米の具合をみながら、麹の量を調整する大事な役割をになっています。

15_酒タンク

16_発酵中
麹が米のでんぷんをブドウ糖に変え、ブドウ糖が分解されてアルコールとなり、日本酒ができます。
タンクの中はまさに発酵中!

杜氏や蔵人さんは、タンクの上を身軽に移動しますが、中は無酸素かつ、高濃度の二酸化炭素が充満しています。なので落ちたら絶対に助からないんですって、、、
そんなお話を、美味しい日本酒をたくさん試飲させてもらいながら伺いました。

さてここ飛騨古川市は、高山ほどの知名度はありませんが、古い町並みがよく保存されていて大変美しいところ。かつての繁栄が偲ばれる立派な建物がたくさん残っていました。
17_飛騨古川

19_飛騨古川夕景
この夕暮れ、なんだか胸がツーンと、、、
残したい風景です。

20_ファブカフェ

飛騨古川には若い人の運営する場所も増えています。
その一つがこちら、FabCafe Hida
3Dプリンターやレーザーカッターを使って、ものづくりができる場所です。
渋谷にも姉妹店がありますが、こちらの方が設備はすごいんですって!
21_ファブカフェ

22_ファブカフェ

23_ファブカフェ*オシャンティなカフェも併設されています♩

そして、飛騨古川の古民家が、STAYCATIONのラインナップに新しく加わる予定!
まもなくサイトオープンしますのでお楽しみに〜。

ただ今回のだめにんげん祭り、そんなこととは全く関係ない時期に申し込んだので、たまたまのご縁でした。訪れてみたらものすごく素敵な場所だったので、とても嬉しい支配人でした。

次回へ続く・・・

・渡辺酒造店
http://www.sake-hourai.co.jp

・FabCafe Hida
http://fabcafe.com/hida/

【支配人】だめにんげん祭り 飛騨高山・白川郷①

みなさん、お酒は好きですか?
支配人もキライじゃないのよ、、、などと自称しておりましたが
世の中には、ずーーーーっと上がいるんだということを、ここ一年ばかり(身をもって)知りました。

それが日本全国の酒蔵を訪ねるバスツアー「だめにんげん祭り」のひとびと。
参考記事↓
http://www.ark-gr.co.jp/blog/dameningen-maturi/

とにかくこだわりのツアー、新人の私は、その素晴らしすぎるクオリティに毎回、圧倒されておりますー。
西に美味い酒ありと知れば聞き込み、東に名蔵ありと聞けば取材に行き、
行政や地域の人を巻き込みつつ友達になり、、、地域との濃ゆい関係を大切にしつつ
朝からお猪口片手に飲む、飲む、飲む!(でもとっても酔い子!泥酔はしません)

そんなわけで十月中旬、だめにんげん祭り・飛騨高山と白川郷ツアーに行ってまいりました。
行きの新幹線からさっそく洗礼。滋賀の七本槍を、美しいガラスの片口で!
1_新幹線酒

富山駅からバスで一路、高山へ。美しい車窓が広がる〜、、、のですが
バスの中は酒盛りスタート!
2_車窓

4_バス酒

3_バス酒

そして最初の目的に到着。飛騨高山麦酒さん。
ジャパンアジアビアカップで金賞の受賞歴もある、地ビール造りの名手です。
5_飛騨高山麦酒

6_高山麦酒
*こんな素敵な場所にビール工房が!

7_大将
特別に勉強会といういうことで、ビール造りの工程を丁寧に教えていただきました。

もともと酪農家の飛騨高山麦酒さん、そして牛は四つの胃がある反芻動物。
牛飼いと、麦汁をイーストで発酵させるビール造りは同じ、、、と考えて、クラフトビール造りの道へ。
乗鞍山系の天然水を汲み上げ、麦芽100%で作られています。

そんなこちらのビールは本当ーーーーーに美味しい!
酵母が生きている瓶ビールを、支配人もさっそくパーリー用にお取り寄せ。

8_ガラス工房
敷地内には、ガラス作家 安土草太さんの工房もあります。
一番上の写真のガラス片口は、彼の作品です!

ここから移動して「やわいや」という素敵な古民家の器やさんへ、、、
9_やわいや
*この佇まい、しびれます

10_やわいや2

11_ガラス
安土さんのガラス作品も並んでいました。

お昼はおにぎり弁当と、囲炉裏であぶった飛騨牛。
おにぎりも可愛い〜。ひとつひとつが半端ないビジュアルです。
12_おにぎり

次回へ続く・・・

・飛騨高山麦酒
・やわいや

三角屋根 パンとコーヒー

” おいしいパン屋とこだわりのコーヒースタンドがあれば、その街は暮らしは最高だ”
と信じている私にとって、また一つ、葉山に気になるお店ができました。

FullSizeRender
今日は、施設メンテナンスのお手伝いにいった帰り道、葉山の森戸神社の近くの
パンとコーヒーのお店「三角屋根」に行きました。
スタッフみんなが気になっていて、行きそびれていたあのお店!

IMG_8681
その名の通り、三角屋根がかわいい外観。

三角屋根 パン 葉山
「毎日食べていただけるようなシンプルなパンと、」

三角屋根 コーヒーロースター
「毎日飲んでいただけるようなシンプルなコーヒー。」を

三角屋根 パンとコーヒー
とびきり心地のいい空間でいただける、とても素敵な場所でした。

レーズンサンド
パンの他にも、クッキーやパウンドケーキなどもあるので、海沿いを散歩がてらの道草に、
あるいは美術館(神奈川県立美術館葉山館)の帰りのティータイムにもオススメです。

とてもシンプルでベーシックだけど、上質な毎日のためのお店。
葉山らしい暮らしの価値観を感じるお店でした。

森戸海岸の家」は徒歩5分、「Nowhere but Hayama」からもバスで数ストップ。
ぜひ、葉山の暮らしのお試しに!

 

「三角屋根」パンとコーヒー
住所:神奈川県三浦郡葉山町堀内1047-3
TEL:046-884-9113
定休日:毎週木曜日・金曜日

贈る! STAYCAITON 〜 SOW EXPERIENCE 体験ギフトカタログ 〜

気づけば、今日でクリスマスまであと2ヶ月!
大切な人への贈り物には、やっぱり”とっておき”を贈りたいですよね。

今年のクリスマスには、モノではなくユニークな体験を贈る
SOW EXPERIENCE (ソウ エクスペリエンス)の体験ギフトカタログなんていかがでしょうか?

ソウエクスペリエンス
「パラグライダーで大空を舞う」「一生ものの靴をオーダーする」 など、
ワクワクするようなとびきりの体験がラインナップされたギフトカタログです。
誰にだって、前々から一度やってみたかったことのひとつやふたつあるはず。
その背中を教えてくれるようなプレゼントをもらったら、嬉しいですよね。

体験ギフト

そんなソウ エクスペリエンスの体験カタログ(総合版)の中でも
” 至高を贈る!とびきりの体験ギフト” と言われているSILVER。

貸別荘体験そのSILVERにステイケーションの貸別荘体験が加わりました!
誰かの大切な人への至高の贈り物だから、とっておきの別荘体験をご用意しております。
(
※カタログ(印刷)掲載はもう少し先になりますが、まずは体験予約用サイトからお選びいただけます。)

今年のクリスマスは勿論、誕生日、アニバーサリーなどの贈り物にいかがでしょうか?

マンダリンオリエンタル

【支配人】日帰り伊豆旅行の巻

ブログのため!ということで、この秋は自腹を切りまくっている支配人です。
広報のS女史(美人)から「9月10月は伊豆方面を攻めてください」と指令が下りたため、日帰りで天城山のふもと、湯ヶ島へ行ってきました。

1_伊豆の風景

なぜ湯ヶ島なのかというと、私が愛読してやまない井上靖の自伝的小説「しろばんば」の舞台なのです。
一度は行ってみたかった場所!

2_浄蓮の滝

3_川
*浄蓮の滝(小説の中に、小学校の先生が飛び込むシーンが出てきます)

5_わさび畑
湯ヶ島といえば、わさびの名産地!
川のほとりにびっしりと植えられていました。清流で育ったわさびは、ここから元気に出荷されていきます・・・
「孤高のグルメ」で紹介された生わさび丼というものがあって、ご飯+すりおろし生わさび+鰹節というシンプルな組合せながら絶妙なお味だそう。

6_生わさび

4_井上靖旧邸

井上靖の旧家にも行ってきました。

そして今回とても良かったのがこちら!天城隧道(トンネル)
小説には、子ども達だけで「ずいどう」に行く、という印象的なシーンが出てくるのですが
明治三十七年に完成した全長4.5Kmの石造トンネルで、重要文化財にも指定されていました。

8_天城隧道

9_天城隧道

今でも現役で使われており(旧道ですが)、中を通り抜けることもできます。
手掘りで切り出された石といい、照明の雰囲気といい、コンクリートのトンネルにはない美しさ〜。

10_うにあわび丼

最後は「ワサビ丼もいいけど、海鮮丼は更にいいなぁ♡」ということで、雲丹とアワビのハーフ&ハーフで〆。
美味しすぎました・・・

もし湯ヶ島観光の際にはぜひ、伊東や下田に足を延ばして、こちらへもどうぞ!
伊東一碧湖の家 Visit
伊豆下田Beach House1
伊豆下田Beach House2

 

【掲載情報】週刊ダイヤモンド『百花繚乱 ニッポンのリゾート』特集

10月15日(土)発売の週刊ダイヤモンド『百花繚乱 ニッポンのリゾート』にて、
STAYCATIONをご紹介いただきました!
一度は載ってみたかった、年に1度の憧れの特集✨

週間ダイヤモンド ホテル特集

” レンタルからファストまで、多様化に対応する新形態リゾート” として、
Nowhere but Sajimaを中心に、ステイケーションが提案する「暮らす休暇の楽しみ方」を
ご紹介いただいております。

他にも、思わずにやけてしまう「リゾート利用者図鑑」や、
気になる「マイル、ポイント、カード使い倒し術」など、
ユニークな切り口で見る旅のトレンドが満載です。

週刊ダイヤモンド

【支配人】日帰り温泉の巻

急に秋らしくなってきた今日この頃・・・
三連休の中日に、東京からの弾丸日帰りで那須岳に登ってきました。

あいにくの雨模様ながら、紅葉もちらほら。

那須岳1*オフィーリアや〜

那須岳2

山道を散策後、帰りに寄った日帰り温泉・鹿の湯
温泉に上屋をのっけたシンプルな造り、脱衣所と浴槽の仕切りもなく男気を感じる建物です。
白濁したお湯といい、硫黄のにおいといい、好きな感じ!!

鹿の湯外観2(C)鹿の湯 *写真は鹿の湯さんの許可をいただき、HPからお借りしました

鹿の湯1
(C)鹿の湯

鹿の湯2
(C)鹿の湯

夕焼け

帰りは綺麗な夕焼けでした。
東北道の渋滞も紛れる美しさ・・・

那須にはショウゾウ・カフェというおしゃれカフェや
那須野が原ファームという素敵牧場もある様子!
次回またリベンジします〜

秋の夕凪SUP 、神秘的な “NOCQUA” SUP。

灼熱の夏が終わり、少しずつ秋めいてきましたね。こんな時期には、陸からゆったりと海を眺めるのも素敵ですが、実はこの季節、海上を漂うアクティビティにオススメの時期なんです。

なぜなら、

  1. 暑すぎず、寒すぎず、身体を動かすにはちょうどいい季節。
  2.  海に落ちてもこの時期ならまだ海は暖かい。
    (一般に、海水の温度は地表に比べて約2ヶ月遅れていると言われています。)
  3. 海の透明度があがりはじめ、空の水蒸気が減りはじめて、海と空の両方が澄んでくる。

そして、せっかくこの秋挑戦するなら…

秋の夕凪SUPたとえば、秋の夕凪SUP。
水平線に沈み行く夕日を追いかけて、夕凪をSUPで旅する時間はとっておきの贅沢です。

“NOCQUA” SUPそして今 ”STAYCATION 唯一のインドア派” の私でも「是非とも挑戦したい!」
と考えているのが、神秘的な “NOCQUA” SUP。
日没後、空の碧さが深みを増して夜になるまでの魔法の時間、 ”ブルーモーメント”。
そんな時間に、光るSUPで海上散歩…. どう考えても最高です!

こんなユニークなアクティビティーを体験できるのは、KOA OUTFITTERS(コアアウトフィッターズ)
葉山の久留和海岸にある、シーカヤックとSUPを中心としたマリンアクティビティーショップです。

コア(KOA)とは ハワイ語で「勇気」と「聖なる木」の2つの意。
「聖なる木」はハワイ固有のアカシアの木で、かつてこの木に神が宿ると言われていた聖なる木。
古代ハワイではこの木を用いて神々をイメージした彫刻やカヌーなどが作られていたそうです。

シーカヤックコアアウトフィッターズでは、子供や初心者も楽しめるシーカヤックやSUPのベーシックなプログラムから、1日1組限定のプライベードツアーやシーズン毎のオススメのプログラムまで用意しているそう。

SUP

ご紹介した「夕凪SUP & カヤック」や「”NOCQUA” サンセット」の他にも、ユニークな季節のオススメプログラムはこちらから。ちなみに、“NOCQUA” サンセットは10月29日(土)です!

Nowhere but Akiya01南葉山POOL HOUSE からもすぐ、そしてこの秋、久留和海岸エリアにオープンする新施設からは徒歩1分!
とっておきの別荘での休暇に、こんなアクティビティを取り入れてみてはいかがでしょうか?

◆ KOA OUTFITTERS(コアアウトフィッターズ)
住所:〒240-0105 神奈川県横須賀市秋谷4296-5
定休日:火曜日(※)
電話番号:046.858.0180
※ 変更することがございますので、必ずご自身でご確認ください。

秋風薫る 古民家ウェディング

心地よい風が吹き抜けるなか、Nowhere but Hayamaにて行われた
古民家ウェディングの様子をお届けいたします!

秋晴れの澄み渡るような青空が気持ちいい、公園での屋外セレモニー。
DSC06736

DSC06710

DSC06754
会場に戻ったら、お食事会スタート。

テーマは『 お月見 』
まだまだ夏の名残りを感じる9月初旬でしたが、すすきや、月をイメージしたライトなど
秋の訪れを感じさせる装飾があちらこちらに。
DSC06796

DSC06829

おふたりが子供の頃からずーっと大切にしてきた、ぬいぐるみ。
DSC06681

なんと、ご新郎の叔父さま手作りの、大きなキッシュ。
DSC06690

はじめての(?)共同作業は、お餅つき!!
お月見には欠かせないお餅は、おふたりが臼と杵でうってゲストへ振舞います。
DSC06810

ご親族とのパーティは、ちょっぴりセミフォーマルに。
DSC06684

DSC06687

ご友人とのパーティは、カジュアルダウンして和気藹々と。
1次会と2次会とでは、また違った雰囲気を楽しめるのが魅力です!
DSC06839

余興では、落語家とイラストレーターさんによる、豪華コラボレーションライブ!
さすがの話術と独特の世界観に、おもわず魅入ってしまいます。
DSC06850

一足早く秋の訪れを感じられた、素敵なウェディングパーティでした。
皆様がいつまでもお幸せでありますように。。
DSC06751

 

<施設> Nowhere but Hayama

<お問い合わせ>
Nowhere resortコンタクトデスク
電話番号:03-5785-2320
Email:nowhere_contact@nowhereresort.com

葉山の隠れ家ブックカフェ『chord hayama antiques & book café』

葉山 隠れ家カフェ
新施設撮影の帰り道、ずっとずっと噂に聞いていた葉山の隠れ家ブックカフェ兼アンティークショップ&倉庫の『chord hayama antiques & book café』へ。「音羽の森」の脇の急な坂を登ると、ひっそりとしたオシャレな建物が現れます。

c:hord Hayama
『c:hord (コード)』とは、英単語の「chord = 1. 弦、2. 和音、 3. 心の琴線、4. 調和 」のに由来。
もともとは、都内にあるアンティークショップ『c:hord 』の倉庫兼ハウススタジオとなっており、カフェスペースも含め、ご希望の商品があればご購入いただけます。

隠れ家カフェ 葉山
2階に上がるとグリーンと美しいアンティーク家具に囲まれたブックカフェ。ここにある全てのアイテムは売り物で、気に入ったら買う事も出来るそうです。座ってみて、くつろいでみて、気に入ったら…そんな家具屋さんいいですよね。

特等席
本に囲まれたソファー席、海の見えるテラス席、大きなテーブル席と一つ一つユニークなテーブルが用意されている空間の中で、海のみえる窓辺の席をチョイス。

葉山 隠れ家カフェ

THIS IS NOT MY HAT』という絵本をお供に、「手作りバニラアイスと林檎のクランブル」をオーダー。10月ながら30度を超える夏日の撮影に、やさしい冷たさが沁みる。

c:hord Hayama

『c:hord hayama』の営業時間は 土 日 月 火 の週4日間。
料理の監修・レシピは CINEMA AMIGO (逗子のオシャレ映画館)のフードチームAMIGO KITCHENメンバーのひとりが担当されているそうです。その他、美術館で働く人、設計事務所で働きながらコードでのイベントなどのプロモートする人など、さまざまな分野で各自活動するメンバーがそれぞれシフトを組んで無理のない範囲でオープンしているそうです。

chord hayama antiques & book café
住所:〒240-0105  神奈川県横須賀市秋谷5611
TEL:046-854-7270
営業日:土日月火am11時〜18時 (L.O 17:00)
(※撮影の場合は、定休日以外でもお休みになることがあるそうです。)

chord (アンティークショップ/赤坂)

久留和海岸の家
ちなみに、昨日撮影した新施設は、目の前が久留和海岸(葉山)という最高の立地に建つとってもかわいいお家です。特にウッドデッキのテラスは最高!朝のブランチも、お昼のBBQも、サンセットのアペリティフも、星を見上げながらの食後酒も、ずっとここに居たい、そんな場所です。10月吉日公開予定です。

Page Top