【滞在レシピ|北海道③】積丹ってこんなところ!

IMGP1045

積丹シリーズのご紹介も3回目。
今回は、番屋吉田がある積丹町についてご案内します。

国定公園の中にある貸別荘
新千歳空港から車でおよそ2時間半。
札幌ー小樽ー余市の海沿いを進んだ先が積丹です。
積丹岬は、小樽、ニセコと共に海岸国定公園に指定されており、区域内にある番屋吉田も、自然保護のため建物にいくつか規制がかかっています。
“積丹ブルー”と呼ばれる真っ青な海と、雄大な山々が広がる、街全体が自然に包まれたのんびりとした町。
小さな漁港もあり、釣り好き達が朝早くから訪れる名スポットでもあります。

積丹日司漁港

 

●観る! 「神威岬」
積丹にきたら、絶対行って欲しい絶景スポットの神威岬。海外からの観光客にも人気で、6〜7月頃になると真っ青な積丹ブルーが観られます。(取材時は5月&曇天だったので…綺麗な海の色はネットで検索してみてくださいね^^;) そうそう、売店で売っているブルー(!!)のソフトクリームもお忘れなく☆
神威岬(時間はシーズンにより異なります)積丹町大字神岬町
神威岬
IMGP1065

キタツネもふらりと散歩中。

 

●食べる! 「元祖ウニ丼」のまち
そして、何と言っても積丹町はウニが有名!
「元祖ウニ丼」は特に人気で、バスツアーにも組まれるほど。
シーズン(6月〜)になると小さな町はウニ好きたちで溢れます。積丹ウニbbq1

 

●癒される! 「しゃこたんの湯」
旅の疲れを癒す温泉も!
施設から車で7分ほどにある公共の温泉施設。広〜い露天風呂からは積丹の絶景が望めます。
館内には食事処や、休憩スペース、また、地元の食材を売る小さな道の駅的なお店もあるのでぜひ訪れてみてください。
しゃこたんの湯(10時〜21時)積丹町大字野塚町212-1banya_before

 

●近隣のスーパー、コンビニ
日常使いのスーパやコンビニは、車で20〜30分ほど離れた積丹町美国町にあります。
夜は真っ暗になりますので、食材などは事前に買い込んでから入館してくださいね。
セイコーマート美国町店(6時〜23時) 積丹町美国町船澗72

★ご予約はこちらからどうぞ★
【北海道 積丹】番屋・吉田

【支配人】北の国へ

前回から続き)・・・というわけで、積丹半島の番屋から脱線して
ニシン漁史を調べ始めた支配人。

が、日本のは意外と見つからないのですね。出てきたのは
・魚で始まる世界史 〜ニシンとタラとヨーロッパ〜(平凡社)
・ニシンが築いた国オランダ 〜海の技術史を読む〜(成山堂書店)
十七世紀、大航海時代に繁栄を誇ったオランダと、それにまつわるニシンの歴史です。

絵画*何やら壮大な展開に!

これを読んで思いました。
オランダ旅行に行きたい!

が、そんな費用を会社が出してくれる筈はなく・・・
(ちなみに北海道でも自腹)

話を北海道に戻して計画を立ててみました。
・富良野と美瑛
・ラベンダー畑(ちょうど花盛り)
・札幌モエレ沼公園
・アルテピアッツァ美唄


行きたい所が多すぎて番屋吉田積丹半島がスケジュールに入らない・・・(汗)
と思っていたところ、友人から「増毛町、最高だよ!」と耳より情報が。

かつては北前船とニシン漁で栄え、造り酒屋や甘海老、サクランボなどの地産商品も豊富だとか。
酒もツマミも揃っ。。。いえ、貴重な情報が得られそう。
という訳で、日本海に面した増毛町に一泊することにしました。
(次回へ続く)

〜上記ニシン本〜
オランダがヨーロッパ列強の仲間入りを果たし、東インド会社の設立をはじめ、海洋国家として発展した背景…
卓越した造船技術と、貴重なタンパク源であるニシンの(他国の追随を許さない)加工技術の存在が大きかったようです。
イギリス・無敵艦隊スペイン・ポルトガルなど当時の強国がシノギを削った大航海時代。
資源も風土も乏しい小国オランダが、ニシン漁から遠洋航海へ、当時のグローバル企業として発展していく様子は、読み応えがあってオススメですヨ。

*次回、甘海老を求めて(目的が変わってきました)
甘エビ

 

【裏blog】明日って締め切り!? な気がしたのではじめました。

はじめまして、ステイケーション 広報の清水です。
社内の空気的に明日が「裏blog 自己紹介編」の締め切り!?な空気が流れているので、ついに裏blogをはじめました。

ステイケーション唯一の「インドア派」で、
ステイケーションで1、2を争う、「ざっくり派」。

趣味はベリーダンスに加えて、カリグラフィー(スティーブジョブズもハマったあれ!)。
好きなものは、美術と、落語と、イルカショー。あ!それから、もちろんバケーション。

 

イルカショー
さて、写真は今の所私が世界で一番好きなイルカショー、『アクアパーク品川』のナイトバージョン
(写真は5月のもの、奇跡の一瞬。)

海沿い中心の出張も手伝って、年に最低5〜6回は行くイルカショーですが、美ら海も、江ノ島も、八景島もいいけど、やっぱり品川が一番すき❤
この品川は最終のイルカショーが20:00なので、平日の夜、仕事帰りにビール片手に見るのがオススメ。(特に新幹線の出張帰りは最高!) ちなみに、9月末まで今をときめくNAKEDによる花火versionです!

先日、ダンスのショーメンバーでこの花火versionを観に行こうと思ったのですが、私が時間を間違えて(夏休みだけ変則)、夏休み最終日の大勢のキッズとともに「ずぶ濡れ」versionを体験した日の一コマ。
アクアパーク品川の年パス保有者のレイちゃんと。

photo_IMG_0123

【掲載情報】新版 • 鎌倉本 (エイムック)

エイ出版の『新版•鎌倉本』の「鎌倉の宿:バケーションレンタル部門」にて
「どんげ庵 北鎌倉」が紹介されました

鎌倉本 ムック

2016.8.29発売
新版 鎌倉本

2013年に発売後好評のため、最新の情報を載せての新版!
編集も湘南に精通した『湘南スタイル』編集部編とのことで、
ローカルエディターならではの目線で紹介するラインナップ。
観光客にも、ヘビーリピーターにも、鎌倉住人にも、オススメの一冊とのことです。

鎌倉の風景

写真:鎌倉本サイトより

【支配人】ニシンの秘密を探る

いろんな意味で新しい、STAYCATIONの今年のニューフェイスは
北海道(積丹半島)のニシン漁に使われていた「番屋吉田」です。
男らしいネーミングですよね、、、支配人も気に入っております。

これまでSTAYCATIONは、キラキラした南の海の別荘だったり、
渋さの中にセンスが光る古民家といった
ま、一言でいうと素敵なリゾートハウスをラインナップしてきました。

そんなある日、セピア色の写真とともに届いた一通の手紙(実話です)
・番屋
・にしん
・積丹半島 の骨太なキーワードが。

番屋吉田

スタッフがざわざわしている中、支配人の脳裏をよぎったのは、司馬遼太郎「菜の花の沖」
・・・の表紙のフンドシ姿

菜の花の沖
*かっこいい!

主人公は高田屋嘉兵衛、淡路島の貧民から裸一貫で廻船問屋を興した、江戸時代後期の大商人です。
函館を開拓し、択捉・国後など(後の)北方領土への航路をロシアより先に開き
さらに後年ロシア船に拿捕されるも、日露交渉に尽力したカッコイイお方です。
なお北海道で獲れたニシンを各地の商品作物と換えて、交易しながら堺まで運ぶのが廻船問屋なんですよね。
江戸の商品経済を発展させた存在です。

もっともこちらの番屋が現役だったのは、もっとずっと後の時代(おそらく昭和の初期〜半ば頃まで)ですが、そんな歴史のあるニシン漁、ロマンがあるじゃないですか!
というわけで私は密かに興奮しました。

もっとニシン漁について調べてみよう!と一人、だんだん違う方向へ。。。
この調査は途中で挫折するのですが、次回へ続く。

調査旅行(?)では、北海道の雲丹&イクラ丼をチョイス
宝石箱
*宝石箱や〜

【スタッフ日記】ようやくスタート、裏ブログ!

はじめまして、こまりです。

そろそろ、いやさすがにもう、、というプレッシャーを感じ
ようやくスタートしました、裏ブログ!

私は、STAYCATIONのゲストリレーション担当として
ゲストの皆さんが楽しい滞在をお過ごしいただけるよう、日々努めております。

以前は、完全に山派だった私ですが
ここで働きはじめてから、海辺へいく機会が増え
さらに、念願だったダイビングを始めました。
もし今「海と山どっちが好き?」と聞かれたら、「どっちも好き!!」と答えます。
その代償として、人生史上1, 2を争うほど肌の色が黒くなっちゃいましたが。。(涙)

そんな大好きな自然や、旅の魅力など
基本やんわりと、でもときにズバッとお伝えしていきたいと思います。
どうぞ、よろしくお願いいたします!

CIMG6790
*カナダ リトルビーハイブより

【伊豆下田 Beach House 2】プラネタリウムはじめました。

8月ももうすぐ終わり、朝晩は随分過ごしやすくなってきましたね。
さて今日は、伊豆下田 Beach House2に嬉しいお知らせです。

プラネタリウム 貸別荘

(洞窟ベッド内で投影した様子:オーナー撮影)

今月から、洞窟ベッドのお家にプラネタリウムが導入されました✨
もちろん、テラススペースからの星空も素晴らしいのですが、
ギリシャやエーゲ海を思わせる洞窟ベッドの壁にプラネタリウムを投影すれば、
まさにそこはギリシャ神話の星々の世界!

700_New_MG_0151

子供たちはきっと大はしゃぎ、大人だってうっとりと秋の夜長を楽しめますね。

 

2014nakagi
そして、是非下田に来たら遊びに行っていただきたいのが、
ここ数年注目を集めるシュノーケリングスポットの中木にあるヒリゾ浜
映画「ビーチ」で話題になったタイのピピ島や、地中海の島々を思わせるような、透明度抜群の美しい海✨
(写真は、「中木に行こうよ」より)

ヒリゾ浜
石廊崎と中木の境のこの海岸は、国立公園指定されておりありのままの自然が残されていること、
河川などが近くにないこと、そして黒潮の通り道となっていることなどの条件が揃い、
美しいと言われる伊豆の海の中でも群を抜いた透明度と美しさを誇っています。
(写真は、「中木に行こうよ」より)

p3[3]

「夏休みは朝4時から行列!」とのことですが、例年9月には落ち着きを取り戻すそうです。
一般にお盆を過ぎると海水浴にはクラゲがでると言われているいますが、
伊豆の海にはほとんど出ないとも言われているので、遅めの夏休みをお考えの方にもおススメです!
(ヒリゾ浜の写真は、「中木に行こうよ」より)

ご予約は>> 伊豆下田 Beach House2

【支配人】裏ブログ・スタート!(遅めの・・・汗)

みなさま

ようこそ!STAYCATIONへ。
支配人の堀部桃子と申します。STAYCATIONのHPを閲覧いただきありがとうございます(^^)

夏もそろそろ終わりですね。おかげさまで、今年の夏もたくさんのお客様にSTAYCATIONのリゾート別荘をご利用いただき、誠にありがとうございました!

ン十年前のわたし、そろそろ夏休みの宿題に取り掛からないとまずい・・・イヤまだまだ・・・あと一週間・・・あと三日・・・終わらなぃ〜(徹夜)と毎年やってるダメ小学生でした。

そして今「ブログを書く」という宿題を、一日また一日と延ばし延ばし、広報のS女史(美人)からの無言のプレッシャーを毎日感じております。大人になっても同じことを繰り返しているとは(遠い目)

IMG_0221
*北の国へ逃避(北海道、増毛町)

なぜこんなことになったかと言いますと、去る三月、HPのリニューアルに伴いGoogle Analyticsを眺めていて「HPのアクセス数、少ないなぁ〜(ため息)→じゃ、みんなでブログ書こう!」というわかりやすい発想が閃きました。

が、なかなかすぐに良い文章が書けるものではないんですね!現にいまも停滞してますし・・・

それでこれも短絡的ですが、要は人参だろ!!ふふふ(ブラック支配人)と思いつきまして、社長に掛け合いました。スタッフみんなへ

 ・お小遣い制(ブログ取材費用として月一万円)
 ・月に三日の有給休暇(取材日と執筆日)
 ・年間アクセス数のトップライターには、ハワイ旅行プレゼント!

というわけで、弊社社長としてはどぉーーーん!とご褒美を用意してくれました。これからスタッフのみんなが、たくさんブログを更新してくれる・・・はず、かな。
(本日時点でサービスディレクターのKiyoe.ちゃんだけが、絶賛更新中!)

本当はこの回はスタッフ各自「プロフィールおよび、ブログのテーマ」を書かなければならないのです。
で私としては「支配人、各地の歴史を語る(←歴史好き)」的なテーマを考えていたのですが
考えれば考えるほど、語れるほど教養ない という事実に至りました。
なのでそれはまぁそれとして、ウヤムヤなままスタートさせたいと思います。

スタッフみんなも更新していく予定なので、どうぞよろしくお願い致します!

あ!こんな弊社ですが、業務拡大に伴い、一名スタッフ募集しております✨
ご興味のある方は、リクナビさんにて9/7まで
STAYCATION(ステイケーション)でフリーワード検索できます。

 

 

 

 

 

【滞在レシピ|北海道②】番屋吉田で、海を見ながらBBQ!

SJ160148
STAYCATIONでも圧倒的にリクエストが多い、旅先でのバーベキュー。
その土地ならではの食材を使って、いつもとひと味ちがうバーベキューができるのは
貸別荘ならではの体験ですよね。

北海道・番屋吉田もバーベキューができる施設なのですが、ここは特にロケーションが最高!
浜辺と同じくらいの近距離で、真っ青な海と風を感じながらジュ〜ジュ〜、ワイワイ楽しめるのです。
ちなみにバーベキュースペースは、オーナーさんとご友人の手作り。
なんと床は大理石!
IMGP1163

こちらのオーナーさんは、とっても料理がお上手な方で、
ご自身も、作ったりおもてなしをするのが大好きなんだそう。
毎回ご自宅から自家製の惣菜や野菜を持参するほか、
来る途中の札幌や小樽の市場で新鮮な魚や肉を調達して、
みんなでバーベキューをするのが楽しみなんだとか。
そんなオーナーさん特製バーベキューを、今回特別に体験させていただきました。

Print
じゃん!この日の食材。
アスパラ、とうもろこし、トマトなどの夏野菜、ラムも入ったお肉盛り合わせ、
そして鯛やお手製干物が入った魚の盛り合わせと、北海道の美味しい食材がずらり!

bbq2
味付け、盛り付け、焼き、全てオーナーさんがやってくださいました。SJ160100s

北海道の食材を使ったバーベキューは本当にどれも絶品!
撮影してくれたカメラマンさんも、BBQ→釣り→BBQ→釣りと海を大満喫していました。
みなさんもぜひ、番屋吉田ならではの絶景バーベキューを楽しんでみてくださいね。

–とっておきのウラ情報–
今回私が体験した、北海道 海の幸・山の幸がたくさん入った特製バーベキューは、
オーナーさんと予定が合えば、みなさんも体験できます!
ご希望の方は、お気軽にSTAYCATIONへお問合せください。
SJ160086s

★ご予約はこちらからどうぞ★
【北海道 積丹】番屋・吉田

【シルバーウィーク】Nowhere but Akiya01を予約すると、海辺のサンセットBBQプレゼント

シルバーウィーク BBQ 海辺

今度のシルバーウィークに、一週間単位の海辺のリゾート貸別荘 Nowhere but Akiya01にご予約いいただいたゲストの方に、一色海岸でのサンセットBBQをプレゼントします。
Nowhere but Akiya01の一週間滞在の最終日(9月21日)の夕暮れ、一色海岸でUMIGOYAさんのサンセットBBQ(飲み物付き)をお楽しみいただけます。

*対象施設:Nowhere but Akiya01
*対象日程:9月16日(金)午後16時〜9月22日(木)正午12時まで
*料金:297,000円(管理費込み、保証金別)
*プレゼント:海辺のサンセットBBQ(4名様分/9月21日(水))
*予約受付:9月8日(木)締め切り

ご予約は、こちらから>>
(※ 雨天時はテント内で決行、もしくは、施設内での料理サービスに変更)

一色海岸の海の家は8月で終了しますが、少し落ち着いた海辺で夕暮れを眺めながらのBBQは、これからの時期ならではの贅沢な休暇にピッタリです。

 

Nowhere but Akiya01 (ノーウェア バット アキヤ1)
南葉山 貸別荘

住所:神奈川県横須賀市秋谷4540-113
ご利用参考人数:4名まで
タイプ:一週間ステイ (金曜日〜翌週木曜日)
※ ペットは犬2匹まで同伴可能。

【近隣のオススメ】
a. 秋谷海岸:施設近くの海岸。歩くと少し距離がありますが、朝の海辺散歩に最適。
b. 食野望:オープンエアな畑の中にあるレストラン。その場で採れたお野菜と日本中から取り寄せられたお味噌を選べるお味噌汁など、こだわりの食事が楽しめる。
c. Marin & Farm:三浦の海と山の幸が楽しめるオシャレなレストラン。テラスはまるで船旅をしているかのような感覚。
d. 三崎漁港:せっかくの一週間滞在なら少し遠出して、マグロで有名な三崎漁港もオススメです。港町のレトロな雰囲気も楽しめます。

Page Top