ご利用規約

全体規約A

STAYCATION賃貸借契約書 (ご利用規約)

 

株式会社STAYCATION(以下「賃貸人」といいます)と、予約者である賃借人(以下「賃借人」といいます)は、賃貸人が運営する施設(以下「本物件」といいます)または賃貸人が本物件で提供するサービス(以下「本サービス」といいます)の賃貸借条件等に関し、以下のとおり合意し、賃貸借契約(以下「本契約」といいます)を締結します。本サービスを利用するためには、本契約の全てに同意していただく必要があり、賃借人が本サービスを利用したときは、賃借人は本契約に同意したものとみなされます。

 

【本物件を賃貸借される賃借人にご理解していただきたい点】

本サービスの目的は、本物件の賃貸借期間中、賃借人ご自身が別荘オーナーとなり、当該地域の別荘オーナーならではの生活を楽しんでいただくことにあります。つまり、ホテルのようなホスピタリティー溢れるサービスを賃借人に提供することを目的としておりません。

もちろん、賃借人の快適なご滞在のため、スタッフが心をこめて準備をさせていただきます。しかしながら、リゾートの賃貸借物件は室内に虫や小動物が進入する場合もございます。そのような場合でも、ホテルのようにバトラーが駆除してくれるようなサービスの提供はございません。また、消耗品の磨耗や不足・台風などの自然災害のため窓ガラスなどが破損した場合や雨漏りが生じた場合も、当座は賃借人ご自身でご対応いただく頂くことになります。

全てを列挙することはできませんが、別荘オーナーになった場合ご自身で行わなければならないことは、賃借人自身で行っていただく必要があります。本物件は不動産賃貸物件であると言う事をご理解いただきますようお願い致します。また、設備、備品の故障などでご不自由をおかけする事もございます。その場合、修理完了までにお時間を頂戴すること、時には修理不可能なこともございます。同じ物件は他にはございませんので、すぐに代わりのお部屋をご用意することができない場合もございます。

大変申し訳ありませんが、いずれの場合も返金の対象となりません。(建物や設備の故障により、賃貸人が本物件の使用が不可能と判断した場合はこの限りではありません)この点を十分にご理解された上で、当該物件のお申込みをお願い致します。

※尚、ご滞在中に中間清掃は入りません。

 

1. 賃貸借目的・形態

1.1. 本規約に基づく本物件の賃貸借目的または形態は、一時使用を目的とした賃貸借契約といたします。賃借人は、これ以外の目的での本物件の賃貸借はできません。尚、本サービスの提供を受ける場合には会員登録(STAYCATION会員)が必要となります。

1.2. 本物件はホテル・旅館等と異なり、賃借人に対し、本物件を一時的な生活の本拠として賃貸借するものとなります。賃借人は近隣の方と協調性を持ち、迷惑をかけないよう善良なる管理者の注意義務をもって賃貸借してください。

1.3. 当社により特別に許諾された場合を除き、本物件を転貸することや、又貸しすること、もしくは賃借人が有する本物件の賃借権を第三者に対し譲渡することはできません。

1.4. 賃貸借期間終了後、本物件を明け渡していただきます。契約の更新、賃貸借期間の延長はできません。継続してご利用になる場合には、新たにお申込みをいただき、賃貸借契約を締結していただく必要があります。

 

2. 契約の成立

2.1. 本契約は、賃借人が本規約に同意した上で利用を申し込み、料金・諸費用を当社が定める期間内にお支払いいただき、賃借者全員の個人情報(住所、氏名、職業、及び外国籍の宿泊者の場合は旅券番号と旅券の写し)の提出を当社が確認できた時点で成立するものとします。当社が料金・諸費用のお支払い及び賃借者全員の個人情報を確認できない場合、賃貸借のお申込みはキャンセルされたものとします。

2.2. 料金のお支払いは全額一括前払いとさせていただきます。料金を銀行振込でお支払いいただく場合、および賃貸借予約のキャンセル等で当社が返金する場合については、振込手数料は賃借人の負担となります。

2.3. 本物件の賃貸借にかかるご予約の変更、取消し、および、キャンセル料金等に関しては、本ウェブサイト内の各施設ページ記載のとおりとします。

2.4. 賃借人は、登録情報に変更などあった場合は遅滞なく、当社の定める方法により、当社から要求された資料を提出するものとします。

2.5. 賃借人は、自己の責任において、パスワードおよびユーザーIDを管理および保管するものとし、これを第三者に利用させたり、貸与、譲渡、名義変更、売買等をしてはならないものとします。

2.6. パスワードまたはユーザーIDの管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等による損害の責任は賃借人が負うものとし、当社は一切の責任を負いません。

2.7. 賃借人は、パスワードまたはユーザーIDが盗難された場合または第三者に使用されていることが判明した場合には、直ちにその旨を当社に通知するとともに、当社からの指示に従うものとします。

 

3. 利用条件

3.1. 賃借人は、本契約の有効期間中、本契約の目的の範囲内でかつ本契約に違反しない範囲内で、当社の定める方法に従い、本サービスを利用することができます。

3.2. 本物件は台風などの悪天候、地震などの天変地異のときは、やむを得ず賃貸借をお断りすることがあります。その他、本物件が使用不可能と当社が判断したときもしくは本物件が破損または減失等したときは、本契約は直ちに終了し、当社は賃借人に対し、賃貸借できなくなった日数(正午12時〜翌日正午12時までの24時間を一日とする)に相当する料金を返金いたします。

3.3. 地震、火災、津波、台風、土砂災害、その他緊急事態が発生した場合は、お客様ご自身で命を守る行動をとってください。避難指示が出ている場合は、必ず自治体の指示に従い速やかに行動してください。

3.4. 予約時などの本サービスの提供を受けるために必要な、コンピューター、ソフトウェアその他の機器、通信回線その他の通信環境等の準備および維持は、賃借人の費用と責任において行うものとします。

3.5. 賃借人は自己の本サービスの利用環境に応じて、コンピューター・ウィルスの感染の防止、不正アクセスおよび情報漏洩の防止等のセキュリティ対策を自らの費用と責任において講じるものとします。

3.6. 第三者からの連絡・お問い合わせがあった場合、当社は、賃借人のプライバシー保護等の観点から、一切取り次ぎをいたしませんので予めご了承ください。

3.7. 日本国籍をお持ちでない方は、ご入館につきましてパスポートの写しが必要となります。

3.8. 未成年者(20歳未満)の方のみでのご利用はできません。

 

4. 物件の管理

4.1. 本物件は賃貸借物件となります。ホテルなどの宿泊施設と違い本物件にはスタッフが常駐しておりません。賃貸借期間中の火災などの安全管理や防犯管理、清掃などの衛生管理は、賃借人の責任において自ら行うものとします。
また、管理・防犯のため外構、庭、エントランス部分に監視カメラの設置をしておりますのでご理解ください。

4.2. 本物件において使用する電気、ガス、水道などの光熱費使用料は、電気:67.5kwh/1日、水道:3立方メートル/1日、ガス:3立方メートル/1日、温泉水:1000L/1日まで、(正午12時〜翌日正午12時までの24時間を一日とする)を当社の規定量とします。この規定量までは料金・管理費に含まれております。温泉水は対応施設のみとなります。利用量が当社の規定量を超えた場合は別途ご請求させていただきます。尚、寒冷地及び特定施設は別途使用料金のご請求となります。

4.3. 賃借人は、本物件を賃貸借するに当たり、本物件のハウスルールおよび関係法令、町内会、自治会、管理組合などの規約を遵守していただきます。

4.4. 賃貸借中の不法行為またはそれに類する行為、近隣に対する迷惑行為、物件オーナーに賃貸借差し止めとされる、本物件を著しく破損した場合などがございますと、今後当社の取り扱う物件の賃貸借をお断りする場合があります。

4.5. セミナー・イベント・パーティー・物品の販売等を目的とした賃貸借の場合、その企画書および商品説明書等の資料を事前に当社に対し提出していただく必要があります。この場合、その内容等が不適切、または適当ではない等と当社が判断をした場合は、申込後または代金受領後であっても賃貸借をお断りさせていただく場合がございますので、予めご了承ください。なお、当社が指定する期日までに上記資料が未提出の場合またはご利用後にセミナー・イベント・物品の販売等を目的とした利用であることが判明した場合には、直ちに賃貸借契約を解除しご利用を中止していただきます。その場合お預かりしております料金・修繕預かり金は違約金の一部として充当されるため返金はいたしません。また、これにより賃借人が被った損害は一切賠償いたしません。

4.6.  お申込時にご登録いただいた利用者以外の本物件(敷地も含む)への立ち入りは固くお断りします。利用者以外が本物件に立ち入る場合、別途、事前のお申し出および個人情報の提出と、料金が必要となります。尚、お申し出をいただいても、対応できかねる場合もありますので予めご了承ください。無断で立ち入った場合には料金を没収の上、尚且つ違約金が発生いたします。

4.7.  賃借人は、利用開始日に、本物件および付属する設備または備品等に対し、汚損、破損、故障等の確認を自ら行い、汚損、破損、故障等がある場合は本物件の利用開始日当日中に当社へ電子メールと電話で通知するものとします。これをもって物件確認としますが、何ら問題が無い場合は通知不要とします。ただし通知しなかった場合において、賃借人の退館後に、汚損、破損、その他の不具合を当社もしくは賃貸人が確認した場合には、賃借人の責任において原状回復費用の支払い義務が発生することを、予め賃借人は承諾するものとします。

4.8. 賃借人が、本物件および物件に付属する設備または備品等に対し、汚損、破損、毀損、滅失、故障等の損害を与えた場合には、賃借人に対し原状回復費用をご請求させていただきます。また、賃借人に故意または過失が認められる場合は、かかる行為に起因する損害に対し賃借人は責任を負うものとします。

4.9. 本物件の増築、改築、移転、改造若しくは模様替えまたは本物件の敷地内における工作物の設置は硬くお断りいたします。

4.10. 賃借人のご都合により、本物件の賃貸借期間満了前に本物件の利用を停止し、または利用期間を短縮した場合、当社が賃借人より受領した料金の返還はいたしません。

4.11. 本物件は、一般住宅や別荘を貸出ししているため賃貸借と同時に販売も行なっている場合があります。そのためご予約をいただいた物件が売却完了した場合にはご利用いただけない事もあります。その場合ご利用物件の変更または返金にてご対応させていただくことを予めご承諾ください。また、オーナー物件(当社所有でない物件)については、オーナーの都合その他の事情により余儀なく契約解除となることもございます。その場合、賃貸借物件の変更または返金にてご対応させていただくことを予めご承諾いただきます。

 

5. 賃借人が過失責任を負うべき費用について

5.1. 賃借人が過失責任を負うべき費用の保証として予約時に、利用料金の入金とは別に、修繕預かり金のお預け入れ又はクレジットカード番号登録が必要です。修繕預り金は原則5万円ですが、施設やプランにより例外もございます。なお登録されるクレジットカード番号は、予約時(ご利用料金のお支払い)に使用されたクレジットカード番号がそのまま適用されることを予めご了承ください。

5.2. 修繕預かり金は、本契約に基づき、賃借人が過失責任を負うべき費用(以下「その他の費用」といいます。)に充当される場合があります。また11項の【禁止事項】または14項の【解除・損害賠償等】に該当した場合、もしくは賃借人が本契約に違約した場合は、この修繕預かり金を違約金の一部として充当し、返金しません。

5.3. クレジットカード番号登録の場合は、当社の判断にてクレジットカードへ実費、諸経費および違約金をご請求し、お支払いいただくものといたします。

5.4 お預かりした修繕預り金は、退館日から起算して14日以内に、当社もしくは事業者(両者の委託者を含む)が施設を確認し、上記の過失・違反理由に該当しないことを確認できた場合、無利息にて返金手続きを致します。返金時の振込(送金)手数料は国内の金融機関に限り当社が負担いたします(外国の金融機関および海外への返金の場合、振込(送金)手数料は宿泊者の負担となります)。

5.5. 過去の利用で本契約に基づき、修繕預かり金を、その他の費用もしくは違約金の一部として充当したことがある宿泊者には、次回ご利用時の修繕預かり金を割り増し致します。

 

6. 物件の明渡

6.1. 賃借人が本契約期間満了後ただちに本物件を明け渡さない場合、契約期間満了日から明け渡し完了日まで、料金相当額の倍額を損害金としてお支払いいただきます。

6.2. 賃借人が本物件内に残した造作、備品、食品その他物品等は、当社にて随時処分させていただきます。処分に費用を要する場合には、賃借人にご請求させていただきます。

6.3. 明渡し方法は退館時に賃貸人より説明をするものとします。(物件により異なることもあるため入館までに説明する場合もあります)尚、退館は賃借人が賃貸人に退館連絡を行った時点となります。つまり退館連絡を賃貸人が受取るまで自動的に延長されます。

 

7. 物件への立入り

緊急時・連絡不通時・修繕・点検等、当社が本物件内への立ち入りが必要と判断した場合には、当社の委託する管理者が本物件に立ち入ることがあります。

 

8. 物件内(外部、庭などの敷地も含む)での撮影等

私的使用目的の場合を除き本物件において撮影した写真、動画等を当社の許可無くWebサイト、ブログ、SNS、画像、動画投稿サイト、掲示板等に複製又は公衆送信(送信可能化を含む)等の利用をすることを禁じます。尚、理由の如何に関らず無断で撮影を行った場合(大量の撮影機材や業務用撮影機材の持ち込みを含む)は、スタジオ使用料金(利用滞在時間に27,000円を乗じた金額)と違約金、損害金を申し受けます。また、写真・動画がインターネットなどに流出、書籍などの紙媒体及びDVDなどにて販売された場合は、賃借人の費用負担にて7日以内に完全削除、回収廃棄とします。尚、その場合、損害金として1,000万円を申し受けます。

 

9. 予約の変更・取消

9.1. ご予約の変更・取消しは、本ウェブサイトの施設ごとに記載されているキャンセルポリシーに従っていただくものとします。

9.2. キャンセル料金発生時期までは予約の変更・取消しは無料です。キャンセル料金発生時期以降の予約の取消しおよび日程変更は、ご予約いただきました全期間につきまして規定のキャンセル料金が必要となります。不泊(無断キャンセル)は料金の100%を申し受けます。但し、悪天候などにより本物件への全ての交通手段が断たれた場合はその限りではありません。尚、賃借人の都合による予約取消しに伴う返金振込み手数料は賃借人の負担となります。

9.3. 申込時に申告いただいた到着時刻を過ぎた場合、当日キャンセル扱いとなります。

9.4. 賃借人の審査の結果ご予約をお取消しさせていただく場合がございますのでご承知ください。

9.5. 新型コロナウイルス(COVID-19)感染症に関連する特別キャンセルポリシー

お客様の安全のため、以下の場合はご予約をお断りします。また該当する既存予約は中止し、キャンセル料を免除させて頂きます。
・チェックイン日の前14日以内に、外国に滞在した履歴もしくは、渡航歴がある方
・医療機関や保健機関によりCOVID-19の感染またはその疑いが診断された方
・COVID-19の感染拡大と関連して全ての航空会社や陸上交通会が運航・運行を取りやめた場合

 

10. オプション・サービス

1ウエディングパーティー・ケータリング・マリンスポーツやネイチャーウォークなどの各種ツアー・トリートメントなどオプション項目については、賃借人と各サービスの専門業者様と直接の契約となります。この場合、当社はご紹介のみとなりますので、いかなる事故・怪我等が発生した場合も、ご利用料金の返金を含め当社では一切責任を負いかねます。各自賃借人の自己責任においてご利用ください。

 

11. 禁止事項

11.1. 賃借人が、以下の行為を行うことを禁止します。もし違反した場合には修繕預かり金の全額没収、もしくは違約金徴収、もしくはその両方の対象となります。

(ア) 喫煙、花火、キャンドル、焚火、その他敷地内で当社が許可した以外の火気を使用すること

(当社が特別に許可した場所以外での火気の使用及び、施設内から煙草の吸殻等が発見された場合は違反対象となります)

(イ) 鉄砲、刀剣類または爆発性、発火性を有する危険な物質等を製造または保管すること

(ウ) 町内会、自治会、管理組合などの規約の違反、及び近隣から苦情を受ける行為

(エ) 当社により特別に許諾された場合を除き、屋外、テラスまたはバルコニーでの飲食およびバーベキューその他これに類する行為を行うこと

(オ) 昼夜を問わず屋外にて騒がしくする行為

(カ) 危険もしくは、近隣に迷惑をかける騒音、大音量でのテレビ、ステレオ等の操作、楽器の演奏を行うこと。日没後、照明などにより外部に著しく光を照らす行為や深夜まで不必要に室内灯を点灯する行為等

(キ) 本物件内での絵の具、塗料、毛染めなど本物件に着色の恐れのある行為

(ク) 反社会勢力活動の事務所等として使用すること並びに反社会勢力を出入りさせること

(ケ) 増築、改築、移転、改造若しくは模様替えまたは本物件の敷地内における工作物の設置並びに入口(玄関)の鍵の複製および取り替え

(コ) 当社により特別に許諾された場合を除き、ペット同伴にての賃貸借(友人知人の来館時においてのペット同伴も含みます)

(サ) 動物(昆虫およびそれに類する生物を含むものとします)の持ち込み、および飼育すること。

(シ) マルチ商法・風俗・自己啓発セミナーなどの商売および勧誘活動

(ス) 当社、または他のユーザー、外部SNS事業者その他の第三者の知的財産権、肖像権、プライバシーの権利、名誉、その他の権利または利益を侵害する行為(かかる侵害を直接または間接に惹起する行為を含みます。)

(セ) 犯罪行為その他法令または公序良俗に反する行為

(ソ) 本サービスに関し利用しうる情報を改ざんする行為

(タ) 当社による本サービスの運営を妨害するおそれのある行為

(チ) 本サイトを利用して他の会員または第三者を他のウェブサイトに誘導する行為

(ツ) その他本物件または本サービスの利用にあたり不適当であると当社が判断した行為

(テ) 感染症と認められる者または、その恐れのある者が物件内に入館すること。

(ト) 路上駐車

(ナ) 施設内の禁止エリアへの立入行為、または備品の使用行為。

(ハ) その他当社が不適当と判断する行為。

11.2. 当社は、本サービスにおける賃借人による行為が上記の禁止事項のいずれかに該当し、または該当するおそれがあると当社が判断した場合には、賃借人に事前に通知することなく、本物件情報の全部または一部を削除、施設利用料の支払留保、その他弊社が必要と判断する措置を講じることができるものとします。なおその措置には、修繕預かり金の全額没収、もしくは違約金徴収、クレジットカード与信による請求決済もしくはその両方の対象となることを含みます。当社は、本項に基づき当社が行った措置に基づき賃借人に生じた損害について一切の責任を負いません。

 

12. サービスの停止・中断等

12.1. 当社は、賃借人が、以下の各号のいずれかの事由に該当する場合は、事前に通知または催告することなく、本サービスの利用の全部または一部を中断または停止することができます。

(ア) 本規約のいずれかの条項に違反した場合

(イ) 登録情報に虚偽の事実があることが判明した場合

(ウ) 当社、他の賃借人、外部SNS事業者その他の第三者に損害を生じさせるおそれのある目的または方法で本サービスを利用した、または利用しようとした場合

(エ) 手段の如何を問わず、本サービスの運営を妨害した場合

(オ) 本サービスに係るコンピューター・システムの点検または保守作業を定期的または緊急に行う場合

(カ) 火災、停電、天災地変などの不可抗力により本サービスの運営ができなくなった場合

(キ) 本サービスの提供に必要な建築設備の障害等により本サービスの提供が困難となった場合

(ク) その他、当社が停止または中断を必要と判断した場合

12.2. 当社は、本条に基づき当社が行った行為により賃借人に生じた損害について一切の責任を負いません。

 

13. 免責

13.1. 建物周辺・室内・駐車場内において、賃借人もしくは賃借人の同伴する者に、事故・怪我・盗難その他当社および賃貸人の責に帰すべからざる事由により損害が生じた場合、当社および賃貸人は一切責任を負いかねます。

13.2. 本物件でのインターネット接続に関し発生したトラブル(接続不良を含む)につきましては、当社では一切の責任を負いかねます。

*一部の物件にはインターネット接続設備はございません。

 

14. 解除・損害賠償等

14.1.  賃借人もしくは賃借人の同伴する者による故意または過失、不適切な使用により、本物件の建物・設備・備品類の原状回復が必要になった場合は、原状回復費用及び、原状回復工事期間の休業補償及び、当社もしくは賃貸人が被った損害を、賃借人から当社に対し賠償していただきます。

14.2. 本規約に規定する賃借人の義務に違反した場合、または本物件の賃貸借に当たり賃借人が禁止事項に掲げる行為を行った場合には、契約を即時解除し、本物件の賃貸借を直ちに停止した上で本物件を明け渡していただきます。この場合、当社が賃借人より受領した料金は一切返金いたしません。その場合、修繕預かり金を違約金の一部として充当し返金しないものとする。クレジットカード番号登録の場合は、当社の判断によりクレジットカードへ請求させていただき、お支払いいただくものといたします。

14.3. 本契約の履行にあたり、当社の故意または重大な過失によって賃借人に損害を与えた場合に限り、当社は賃借人の被った直接の損害につき賠償するものとし、その余の場合当社の賠償責任は免責されるものとします。

14.4. 本物件に対する苦情・クレームは、ご契約者である賃借人代表者からのみ受け付けます。

14.5. 施設内での貴重品の紛失・盗難等が発生した場合、当社はその責任を負いません。

14.6. 施設や当社の責に起因しない事故や怪我等については、当社はその責任を負いません。

 

15. サービス・規約の変更

15.1. 当社は、当社の都合により、本サービスの提供を終了することができます。

15.2. 本規約は、賃借人に対し予告なしに内容を変更することがあります。この場合賃借人は変更後の規約に拘束されるものといたします。本物件に入館される直前に必ず、再度本契約を確認し理解した上でご利用ください。

 

16. 正文・準拠法

本規約は日本語を正文とし、その準拠法は日本法とします。

 

17. 管轄

本規約に起因しまたは関連して生じた一切の紛争については、東京地方裁判所または東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

 

【エクスチェンジ(物件の交換)について】

このエクスチェンジはSTAYCATIONの物件登録オーナー及び、登録予定をしている希望参加者が登録物件をオーナーの承諾を得て無料で利用したり、されたりするシステムです。

1. このエクスチェンジでは、それぞれの物件を無償にて使用するため善良な管理者として利用していただきます。また、物件利用者による建物や設備(施設全体)の破損汚損は物件利用者の責任において全て修繕するものとします。主催者であるSTAYCATIONは責任を負わないものとし当事者同士で解決するものとします。

尚、修繕預かり金は退館後、違約、建物や設備に汚損破損が無いことを確認後、全額無利息にて返金いたします。

2. エクスチェンジ希望参加者のうち登録予定の希望参加者は、修繕預かり金とは別で保証金を主催者に1棟当りの請求金額を預託するものとします。尚、この金員は別荘の登録完了後、全額無利息にて返金いたします。但し、規約に違反した場合、登録を中止した場合はこの金員を違約金として没収するものとします。

3. 登録中止については、登録物件にエクスチェンジの予約が無いことの確認が必要となります。当然、登録中止以降エクスチェンジ利用ができないものとします。

*宮城野の家、森の別邸、箱根山レジデンスについては、諸費用・清掃費・温泉費は不要となります。

 

————————————————————————–

以下は、ペット同伴可能な施設で利用者のみ対象

【犬同伴滞在に関する同意書】

施設への犬同伴での滞在にあたり、下記の事項を理解し遵守することに同意します。

◎滞在条件

1. 施設に同伴できるペットは犬のみとし、各施設ごとに定められた頭数、大きさを厳守すること。また、他の動物は持ち込まないこと。

2. 家庭犬として他人に迷惑をかけない最低限度のしつけがされていること。

3.トイレのしつけがされており、無駄吠えや施設破壊をしない犬であること。

4. 狂犬病とウイルス性伝染病の予防注射(5種以上の混合ワクチン)を受けており、接種後2週間以上1年未満であること。

5. 接種後2週間以上1年未満であることを証するウイルス性伝染病の予防注射の接種証明書コピーを、ご予約成立時に株式会社STAYCATIONへメールまたはFAXで提出すること。

6. 闘犬を目的とする犬ではないこと。

7. 生後4ヶ月以上の犬であること。

8. ノミ・マダニの駆除対策を済ませてあること。

9. 雌犬の場合、生理開始から4週間以上経過した犬であること。また、滞在中に生理になる可能性が無いこと。妊娠状態でないこと。

◎ご利用にあたっての遵守事項

1. 犬が滞在できる場所は各施設ごとに異なるため、定められた場所を厳守すること。

2. テラスや階段は十分注意すること。

3. 犬だけを室内に残して外出しないこと。

4. 外出から室内に戻る際には、必ず外の洗い場などを利用し汚れを落とすこと。

5. ベッド・ソファ・椅子・テーブル・クローゼットに犬を上らせないこと、寝かせないこと。

6. 建物、家具、什器、備品、植木、その他に損壊を与えないよう十分留意し、破損並びに損傷した場合は、損害費用を負担すること。

7. 施設に備え付けのタオルは犬には使わないこと。

8. 室内および玄関脇の足洗い場でのシャンプー、およびトリミング行為をしないこと。

9. 室内または敷地内で万一排泄行為があった場合、糞便はトイレに適切に処理するとともに、衛生的な後始末をすること。

10. 犬と外出される場合、近隣住民のご迷惑とならないよう、必ずリード(引き綱)を付けること。また糞は責任をもって持ち帰り、玄関ポーチのゴミ箱に処理すること。

11. 動物の愛護および管理に関する法律、狂犬病予防法、その他関係法令等に規定する飼い主の義務を遵守すること。

◎確認事項

1. お申し込み内容に虚偽があった場合や、ご滞在にご宿泊者および同伴犬が本規約に違反し、著しく近隣住民への迷惑や危険、事故を引き起こした場合には、ご宿泊をお断りする場合がございます。

なおその場合でも、ご利用料金はご返却できませんのであらかじめご了承ください。

2. 同伴犬の滞在に関して万が一、怪我、逃走、死亡事故等が発生いたしましても、当施設は一切責任を負いかねます。

3. 同伴犬に起因して当施設または第三者が損害を破った場合は、ご宿泊者様に当施設または当該第三者に対して、その損害を賠償していただきます。

 

以上

株式会社 STAYCATION

 

 

全体規約B

STAYCATION宿泊契約書 (旅館業 / 民泊)

施設オーナー(以下「事業者」といいます)と、予約者である宿泊者は、事業者が運営する施設(以下「本物件」といいます)または 株式会社STAYCATION(以下「当社」といいます)が本物件で提供するサービス(以下「本サービス」といいます)の宿泊条件等に関し、以下のとおり合意し、宿泊契約(以下「本契約」といいます)を締結します。本サービスを利用するためには、本契約の全てに同意していただく必要があり、宿泊者が本サービスを利用したときは、宿泊者は本契約に同意したものとみなされます。

【本物件を利用される宿泊者にご理解していただきたい点】

本サービスの目的は、本物件の利用中、宿泊者ご自身が別荘オーナーとなり、当該地域の別荘オーナーならではの生活を楽しんでいただくことにあります。つまり、ホテルのようなホスピタリティー溢れるサービスを宿泊者に提供することを目的としておりません。

もちろん、宿泊者の快適なご滞在のため、スタッフが心をこめて準備をさせていただきます。しかしながら、リゾートの宿泊物件は室内に虫や小動物が進入する場合もございます。そのような場合でも、ホテルのようにバトラーが駆除してくれるようなサービスの提供はございません。また、消耗品の磨耗や不足・台風などの自然災害のため窓ガラスなどが破損した場合や雨漏りが生じた場合も、当座は宿泊者ご自身でご対応いただく頂くことになります。

全てを列挙することはできませんが、別荘オーナーになった場合ご自身で行わなければならないことは、宿泊者自身で行っていただく必要があります。本物件はオーナー不在型の宿泊施設であると言う事をご理解いただきますようお願い致します。また、設備、備品の故障などでご不自由をおかけする事もございます。その場合、修理完了までにお時間を頂戴すること、時には修理不可能なこともございます。同じ物件は他にはございませんので、すぐに代わりのお部屋をご用意することができない場合もございます。

大変申し訳ありませんが、いずれの場合も返金の対象となりません。(建物や設備の故障により、事業者が本物件の使用が不可能と判断した場合はこの限りではありません)この点を十分にご理解された上で、当該物件のお申込みをお願い致します。

※尚、ご滞在中に中間清掃は入りません。

 

1. 目的・形態

1.1. 本契約に基づく本物件の目的または形態は、一時使用を目的とした宿泊契約といたします。宿泊者は、これ以外の目的での本物件の利用はできません。尚、本サービスの提供を受ける場合には会員登録(STAYCATION会員)が必要となります。

1.2. 本物件はホテル・旅館等と異なり、宿泊者が、本物件を一時的な生活の本拠として利用するものとなります。宿泊者は近隣の方と協調性を持ち、迷惑をかけないよう善良なる管理者の注意義務をもって利用してください。

1.3. 当社により特別に許諾された場合を除き、本物件を転貸することや、又貸しすること、もしくは宿泊者が有する本物件の利用権を第三者に対し譲渡することはできません。

1.4. 宿泊期間終了後、本物件を明け渡していただきます。契約の更新、宿泊期間の延長はできません。継続してご利用になる場合には、新たにお申込みをいただき、宿泊契約を締結していただく必要があります。

 

2. 契約の成立

2.1. 本契約は、宿泊者が本契約に同意した上で利用を申し込み、料金・諸費用を当社が定める期間内にお支払いいただき、宿泊者全員の個人情報(住所、氏名、職業、及び外国籍の宿泊者の場合は旅券番号と旅券の写し)の提出を当社が確認できた時点で成立するものとします。当社が料金・諸費用のお支払い及び宿泊者全員の個人情報を確認できない場合、宿泊のお申込みはキャンセルされたものとします。

2.2. 料金のお支払いは全額一括前払いとさせていただきます。料金を銀行振込でお支払いいただく場合、および予約のキャンセル等で当社が返金する場合については、振込手数料は宿泊者の負担となります。

2.3. 本物件の利用にかかるご予約の変更、取消し、および、キャンセル料金等に関しては、本ウェブサイト内の各施設ページ記載のとおりとします。

2.4. 宿泊者は、登録情報に変更などあった場合は遅滞なく、当社の定める方法により、当社から要求された資料を提出するものとします。

2.5. 宿泊者は、自己の責任において、パスワードおよびユーザーIDを管理および保管するものとし、これを第三者に利用させたり、貸与、譲渡、名義変更、売買等をしてはならないものとします。

2.6. パスワードまたはユーザーIDの管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等による損害の責任は宿泊者が負うものとし、当社は一切の責任を負いません。

2.7. 宿泊者は、パスワードまたはユーザーIDが盗難された場合または第三者に使用されていることが判明した場合には、直ちにその旨を当社に通知するとともに、当社からの指示に従うものとします。

 

3. 利用条件

3.1. 宿泊者は、本契約の有効期間中、本契約の目的の範囲内でかつ本契約に違反しない範囲内で、当社の定める方法に従い、本サービスを利用することができます。

3.2. 本物件は台風などの悪天候、地震などの天変地異のときは、やむを得ず利用をお断りすることがあります。その他、本物件が使用不可能と当社が判断したときもしくは本物件が破損または減失等したときは、本契約は直ちに終了し、当社は宿泊者に対し、利用できなくなった日数(正午12時〜翌日正午12時までの24時間を一日とする)に相当する料金を返金いたします。

3.3. 地震、火災、津波、台風、土砂災害などの災害時、その他緊急事態が発生した場合は、お客様ご自身で命を守る行動をとってください。避難指示が出ている場合は、必ず自治体の指示に従い速やかに行動してください。

3.4. 予約時などの本サービスの提供を受けるために必要な、コンピューター、ソフトウェアその他の機器、通信回線その他の通信環境等の準備および維持は、宿泊者の費用と責任において行うものとします。

3.5. 宿泊者は自己の本サービスの利用環境に応じて、コンピューター・ウィルスの感染の防止、不正アクセスおよび情報漏洩の防止等のセキュリティ対策を自らの費用と責任において講じるものとします。

3.6. 第三者からの連絡・お問い合わせがあった場合、当社は、宿泊者のプライバシー保護等の観点から、一切取り次ぎをいたしませんので予めご了承ください。

3.7. 日本国籍をお持ちでない方は、ご入館にあたってパスポートの写しの提出が必要となります。

3.8. 未成年者(20歳未満)の方のみでのご利用はできません。

 

4. 物件の管理

4.1. 本物件は「家主不在型の、民泊物件 / 宿泊物件」です。ホテルや旅館と違い、本物件にはスタッフが常駐しておりません。宿泊期間中の火災などの安全管理や防犯管理は、宿泊者の責任において自ら行うものとします。

また、管理・防犯のため外構、庭、エントランス部分に監視カメラの設置をしておりますのでご理解ください。

4.2. 本物件において使用する電気、ガス、水道などの光熱費使用料は、電気:67.5kwh/1日、水道:3立方メートル/1日、ガス:3立方メートル/1日、温泉水:1000L/1日まで(正午12時〜翌日正午12時までの24時間を一日とする)を当社の規定量とします。この規定量までは料金・管理費等に含まれております。温泉水は対応施設のみとなります。利用量が当社の規定量を超えた場合は別途ご請求させていただきます。尚、寒冷地及び特定施設は別途使用料金のご請求となります。

4.3. 宿泊者は本物件を利用するに当たり、本契約に加えて、本物件のハウスルールおよび関係法令、町内会、自治会、管理組合などの規約を遵守していただきます。

4.4. 利用中の不法行為またはそれに類する行為、近隣に対する迷惑行為、事業者に利用差し止めとされる、本物件を著しく破損した場合などがございますと、今後当社の取り扱う物件の宿泊を全てお断りする場合があります。

4.5. セミナー・イベント・パーティー・物品の販売等を目的とした利用の場合、その企画書および商品説明書等の資料を事前に当社に対し提出していただく必要があります。この場合、その内容等が不適切、または適当ではない等と当社が判断をした場合は、申込後または代金受領後であっても利用をお断りさせていただく場合がございますので、予めご了承ください。なお、当社が指定する期日までに上記資料が未提出の場合、またはご利用後にセミナー・イベント・物品の販売等を目的とした利用であることが判明した場合には、直ちに契約を解除しご利用を中止していただきます。その場合お預かりしております料金・修繕預かり金は違約金の一部として充当されるため返金はいたしません。また、これにより宿泊者が被った損害は一切賠償いたしません。

4.6. お申込時にご登録いただいた宿泊者以外の本物件(敷地も含む)への立ち入りは固くお断りします。宿泊者以外が本物件に立ち入る場合、別途、事前のお申し出および個人情報の提出と、料金が必要となります。尚、お申し出をいただいても、対応できかねる場合もありますので予めご了承ください。無断で立ち入った場合には料金を没収の上、尚且つ違約金が発生いたします。

4.7. 宿泊者は、利用開始日に、本物件および付属する設備または備品等に対し、汚損、破損、故障等の確認を自ら行い、汚損、破損、故障等がある場合は本物件の利用開始日当日中に当社へ電子メールと電話で通知するものとします。これをもって物件確認としますが、何ら問題が無い場合は通知不要とします。ただし通知しなかった場合において、宿泊者の退館後に、汚損、破損、その他の不具合を当社もしくは事業者が確認した場合には、宿泊者の責任において原状回復費用の支払い義務が発生することを、予め宿泊者は承諾するものとします。

4.8. 宿泊者が、本物件および物件に付属する設備または備品等に対し、汚損、破損、毀損、滅失、故障等の損害を与えた場合には、宿泊者に対し原状回復費用をご請求させていただきます。また、宿泊者に故意または過失が認められる場合は、かかる行為に起因する損害に対し宿泊者は責任を負うものとします。

4.9. 本物件の増築、改築、移転、改造若しくは模様替えまたは本物件の敷地内における工作物の設置は硬くお断りいたします。

4.10. 宿泊者が自己の都合により、本物件の利用期間満了前に本物件の利用を停止し、または利用期間を短縮した場合、当社が受領した料金の返還はいたしません。

4.11. 本物件は、一般住宅や別荘を貸し出ししているため、予約受付と同時に販売も行なっている場合があります。そのため予約をいただいた物件が売却完了した場合にはご利用いただけない事もあります。その場合ご利用物件の変更または返金にてご対応させていただくことを予めご承諾ください。また、事業者の都合その他の事情により余儀なく契約解除となることもございます。その場合、施設の変更または返金にてご対応させていただくことを予めご承諾いただきます。

 

5. 宿泊者が過失責任を負うべき費用について

5.1. 宿泊者が過失責任を負うべき費用の保証として予約時に、利用料金の入金とは別に、修繕預かり金のお預け入れ又はクレジットカード番号登録が必要となります。修繕預り金は原則5万円ですが、施設やプランにより例外もございます。なお登録されるクレジットカード番号は、予約時(ご利用料金のお支払い)に使用されたクレジットカード番号がそのまま適用されることを予めご了承ください。

5.2. 修繕預かり金は、本契約に基づき、宿泊者が過失責任を負うべき費用(以下「その他の費用」といいます。)に充当される場合があります。また11項の【禁止事項】または14項の【解除・損害賠償等】に該当した場合、もしくは宿泊者が本契約に違約した場合は、この修繕預かり金を違約金の一部として充当し、返金しません。

5.3 クレジットカード番号登録の場合は、当社の判断にてクレジットカードへ実費、諸経費および違約金をご請求し、お支払いいただくものといたします。

5.4 お預かりした修繕預り金は、退館日から起算して14日以内に、当社もしくは事業者(両者の委託者を含む)が施設を確認し、上記の過失・違反理由に該当しないことを確認できた場合、無利息にて返金手続きを致します。返金時の振込(送金)手数料は国内の金融機関に限り当社が負担いたします(外国の金融機関および海外への返金の場合、振込(送金)手数料は宿泊者の負担となります)。

5.5. 過去の利用で本契約に基づき、修繕預かり金を、その他の費用もしくは違約金の一部として充当したことがある宿泊者には、次回ご利用時の修繕預かり金を割り増しさせていただきます。

 

6. 物件の明渡

6.1. 宿泊者が本契約期間満了後ただちに本物件を明け渡さない場合、契約期間満了日から明け渡し完了日まで、料金相当額の倍額を損害金としてお支払いいただきます。

6.2. 宿泊者が本物件内に残した造作、備品、食品その他物品等は、当社にて随時処分させていただきます。処分に費用を要する場合には、宿泊者にご請求させていただきます。

6.3. 明渡し方法は退館時に事業者より説明をするものとします。(物件により異なることもあるため入館までに説明する場合もあります)尚、退館は宿泊者が事業者に退館連絡を行った時点となります。つまり退館連絡を事業者が受取るまで自動的に延長されます。

 

7. 物件への立入り

緊急時・連絡不通時・修繕・点検等、当社が本物件内への立ち入りが必要と判断した場合には、当社の委託する管理者が本物件に立ち入ることがあります。

 

8. 物件内(外部、庭などの敷地も含む)での撮影等

私的使用目的の場合を除き本物件において撮影した写真、動画等を当社の許可無くWebサイト、ブログ、SNS、画像、動画投稿サイト、掲示板等に複製又は公衆送信(送信可能化を含む)等の利用をすることを禁じます。尚、理由の如何に関らず無断で撮影を行った場合(大量の撮影機材や業務用撮影機材の持ち込みを含む)は、スタジオ使用料金(利用滞在時間に27,000円を乗じた金額)と違約金、損害金を申し受けます。また、写真・動画がインターネットなどに流出、書籍などの紙媒体及びDVDなどにて販売された場合は、宿泊者の費用負担にて7日以内に完全削除、回収廃棄とします。尚、その場合、損害金として1,000万円を申し受けます。

 

9. 予約の変更・取消

9.1. ご予約の変更・取消しは、本ウェブサイトの施設ごとに記載されているキャンセルポリシーに従っていただくものとします。

9.2. キャンセル料金発生時期までは予約の変更・取消しは無料です。キャンセル料金発生時期以降の予約の取消しおよび日程変更は、ご予約いただきました全期間につきまして規定のキャンセル料金が必要となります。不泊(無断キャンセル)は料金の100%を申し受けます。但し、悪天候などにより本物件への全ての交通手段が断たれた場合はその限りではありません。尚、宿泊者の都合による予約取消しに伴う返金振込み手数料は宿泊者の負担となります。

9.3. 申込時に申告いただいた到着時刻を過ぎた場合、当日キャンセル扱いとなります。

9.4. 宿泊者の審査の結果ご予約をお取消しさせていただく場合がございます。予めご承知ください。

9.5. 新型コロナウイルス(COVID-19)感染症に関連する特別キャンセルポリシー

お客様の安全のため、以下の場合はご予約をお断りします。また該当する既存予約は中止し、キャンセル料を免除させて頂きます。

・チェックイン日の前14日以内に、外国に滞在した履歴もしくは、渡航歴がある方

・医療機関や保健機関によりCOVID-19の感染またはその疑いが診断された方

・COVID-19の感染拡大と関連して全ての航空会社や陸上交通会が運航・運行を取りやめた場合

 

10. オプション・サービス

ウエディングパーティー・ケータリング・マリンスポーツやネイチャーウォークなどの各種ツアー・トリートメントなどオプション項目については、宿泊者と各サービスの専門業者様と直接の契約となります。この場合、当社はご紹介のみとなりますので、いかなる事故・怪我等が発生した場合も、ご利用料金の返金を含め当社では一切責任を負いかねます。各自宿泊者の自己責任においてご利用ください。

 

11. 禁止事項

11.1. 宿泊者が、以下の行為を行うことを禁止します。もし違反した場合には修繕預かり金の全額没収、もしくは違約金徴収、もしくはその両方の対象となります。

(ア)喫煙、花火、キャンドル、焚火、その他敷地内で当社が許可した以外の火気を使用すること

(当社が特別に許可した場所以外での火気の使用及び、施設内から煙草の吸殻等が発見された場合、違反対象となります)

(イ)鉄砲、刀剣類または爆発性、発火性を有する危険な物質等を製造または保管すること

(ウ)町内会、自治会、管理組合などの規約の違反、及び近隣から苦情を受ける行為

(エ)当社により特別に許諾された場合を除き、屋外、テラスまたはバルコニーでの飲食およびバーベキューその他これに類する行為を行うこと

(オ)昼夜を問わず屋外にて騒がしくする行為

(カ)危険もしくは、近隣に迷惑をかける騒音、大音量でのテレビ、ステレオ等の操作、楽器の演奏を行うこと。日没後、照明などにより外部に著しく光を照らす行為や深夜まで不必要に室内灯を点灯する行為等

(キ)本物件内での絵の具、塗料、毛染めなど本物件に着色の恐れのある行為

(ク)反社会勢力活動の事務所等として使用すること並びに反社会勢力を出入りさせること

(ケ)増築、改築、移転、改造若しくは模様替えまたは本物件の敷地内における工作物の設置並びに入口(玄関)の鍵の複製および取り替え

(コ)当社により特別に許諾された場合を除き、ペット同伴にての宿泊(友人知人の来館時においてのペット同伴も含みます)

(サ)動物(昆虫およびそれに類する生物を含むものとします)の持ち込み、および飼育すること。

(シ)マルチ商法・風俗・自己啓発セミナーなどの商売および勧誘活動

(ス)当社、または他のユーザー、外部SNS事業者その他の第三者の知的財産権、肖像権、プライバシーの権利、名誉、その他の権利または利益を侵害する行為(かかる侵害を直接または間接に惹起する行為を含みます。)

(セ)犯罪行為その他法令または公序良俗に反する行為

(ソ)本サービスに関し利用しうる情報を改ざんする行為

(タ)当社による本サービスの運営を妨害するおそれのある行為

(チ)本サイトを利用して他の会員または第三者を他のウェブサイトに誘導する行為

(ツ)その他本物件または本サービスの利用にあたり不適当であると当社が判断した行為

(テ)感染症と認められる者または、その恐れのある者が物件内に入館すること。

(ト)路上駐車、違法駐車

(ナ)施設内の禁止エリアへの立入行為、または備品の使用行為。

(ハ) その他当社が不適当と判断する行為。

11.2. 当社は、本サービスにおける宿泊者による行為が上記の禁止事項のいずれかに該当し、または該当するおそれがあると当社が判断した場合には、宿泊者に事前に通知することなく、本物件情報の全部または一部を削除、施設利用料の支払留保、その他弊社が必要と判断する措置を講じることができるものとします。なおその措置には、修繕預かり金の全額没収、もしくは違約金徴収、クレジットカード与信による請求決済もしくはその両方の対象となることを含みます。当社は、本項に基づき当社が行った措置に基づき宿泊者に生じた損害について一切の責任を負いません。

 

12. サービスの停止・中断等

12.1. 当社は、宿泊者が、以下の各号のいずれかの事由に該当する場合は、事前に通知または催告することなく、本サービスの利用の全部または一部を中断または停止することができます。

(ア)本契約のいずれかの条項に違反した場合

(イ)登録情報に虚偽の事実があることが判明した場合

(ウ)当社、他の宿泊者、外部SNS事業者その他の第三者に損害を生じさせるおそれのある目的または方法で本サービスを利用した、または利用しようとした場合

(エ)手段の如何を問わず、本サービスの運営を妨害した場合

(オ)本サービスに係るコンピューター・システムの点検または保守作業を定期的または緊急に行う場合

(カ)火災、停電、天災地変などの不可抗力により本サービスの運営ができなくなった場合

(キ)本サービスの提供に必要な建築設備の障害等により本サービスの提供が困難となった場合

(ク)その他、当社が停止または中断を必要と判断した場合

12.2. 当社は、本条に基づき当社が行った行為により宿泊者に生じた損害について一切の責任を負いません。

 

13. 免責

13.1. 建物周辺・室内・駐車場内において、宿泊者もしくは宿泊者の同伴する者に、事故・怪我・盗難その他、当社および事業者の責に帰すべからざる事由により損害が生じた場合、当社および事業者は一切責任を負いかねます。

13.2. 本物件でのインターネット接続に関し発生したトラブル(接続不良を含む)につきましては、当社および事業者は一切の責任を負いかねます。

*一部の物件にはインターネット接続設備はございません。

 

14. 解除・損害賠償等

14.1. 宿泊者もしくは宿泊者の同伴する者による故意または過失、不適切な使用により、本物件の建物・設備・備品類の原状回復が必要になった場合は、原状回復費用及び、原状回復工事期間の休業補償及び、当社もしくは事業者が被った損害を、宿泊者から当社に対し賠償していただきます。

14.2. 本契約に規定する宿泊者の義務に違反した場合、または本物件の利用に当たり宿泊者が禁止事項に掲げる行為を行った場合には、契約を即時解除し、本物件の利用を直ちに停止した上で本物件を明け渡していただきます。この場合、当社が宿泊者より受領した料金は一切返金いたしません。その場合、修繕預かり金を違約金の一部として充当し返金しないものとします。クレジットカード番号登録の場合は、当社の判断によりクレジットカードへ請求させていただき、お支払いいただくものといたします。

14.3. 本契約の履行にあたり、当社の故意または重大な過失によって宿泊者に損害を与えた場合に限り、当社は宿泊者の被った直接の損害につき賠償するものとします。その他の場合には当社の賠償責任は免責されるものとします。

14.4. 本物件に対する苦情・クレームは、ご契約者である宿泊代表者からのみ受け付けます。

14.5. 施設内での貴重品の紛失・盗難等が発生した場合、当社はその責任を負いません。

14.6. 施設や当社の責に起因しない事故や怪我等については、当社はその責任を負いません。

 

15. サービス・規約の変更

15.1. 当社は、当社の都合により、本サービスの提供を終了することができます。

15.2. 本契約は、宿泊者に対し予告なしに内容を変更することがあります。この場合宿泊者は変更後の規約に拘束されるものといたします。本物件に入館される直前に必ず、再度本契約を確認し理解した上でご利用ください。

 

16. 正文・準拠法

1本契約は日本語を正文とし、その準拠法は日本法とします。

 

17. 管轄

本契約に起因しまたは関連して生じた一切の紛争については、東京地方裁判所または東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

 

————————————————————————–

以下は、ペット同伴可能な施設で利用者のみ対象

【犬同伴滞在に関する同意書】

施設への犬同伴での滞在にあたり、下記の事項を理解し遵守することに同意します。

 

◎滞在条件

1. 施設に同伴できるペットは犬のみとし、各施設ごとに定められた頭数、大きさを厳守すること。

また、他の動物は持ち込まないこと。

2. 家庭犬として他人に迷惑をかけない最低限度のしつけがされていること。

3.トイレのしつけがされており、無駄吠えや施設破壊をしない犬であること。

4. 狂犬病とウイルス性伝染病の予防注射(5種以上の混合ワクチン)を受けており、接種後2週間以上1年未満であること。

5. 接種後2週間以上1年未満であることを証するウイルス性伝染病の予防注射の接種証明書コピーを、ご予約成立時に株式会社STAYCATIONへメールまたはFAXで提出すること。

6. 闘犬を目的とする犬ではないこと。

7. 生後4ヶ月以上の犬であること。

8. ノミ・マダニの駆除対策を済ませてあること。

9. 雌犬の場合、生理開始から4週間以上経過した犬であること。また、滞在中に生理になる可能性が無いこと。妊娠状態でないこと。

 

◎ご利用にあたっての遵守事項

1. 犬が滞在できる場所は各施設ごとに異なるため、定められた場所を厳守すること。

2. テラスや階段は十分注意すること。

3. 犬だけを室内に残して外出しないこと。

4. 外出から室内に戻る際には、必ず外の洗い場などを利用し汚れを落とすこと。

5. ベッド・ソファ・椅子・テーブル・クローゼットに犬を上らせないこと、寝かせないこと。

6. 建物、家具、什器、備品、植木、その他に損壊を与えないよう十分留意し、破損並びに損傷した場合は、損害費用を負担すること。

7.施設に備え付けのタオルは犬には使わないこと。

8. 室内および玄関脇の足洗い場でのシャンプー、およびトリミング行為をしないこと。

9. 室内または敷地内で万一排泄行為があった場合、糞便はトイレに適切に処理するとともに、衛生的な後始末をすること。

10. 犬と外出される場合、近隣住民のご迷惑とならないよう、必ずリード(引き綱)を付けること。また糞は責任をもって持ち帰り、玄関ポーチのゴミ箱に処理すること。

11. 動物の愛護および管理に関する法律、狂犬病予防法、その他関係法令等に規定する飼い主の義務を遵守すること。

 

◎確認事項

11. お申し込み内容に虚偽があった場合や、ご滞在にご宿泊者および同伴犬が本規約に違反し、著しく近隣住民への迷惑や危険、事故を引き起こした場合には、ご宿泊をお断りする場合がございます。

なおその場合でも、ご利用料金はご返却できませんのであらかじめご了承ください。

12. 同伴犬の滞在に関して万が一、怪我、逃走、死亡事故等が発生いたしましても、当施設は一切責任を負いかねます。

13. 同伴犬に起因して当施設または第三者が損害を破った場合は、ご宿泊者様に当施設または当該第三者に対して、その損害を賠償していただきます。

 

以上

株式会社 STAYCATION

 

 

全体規約C

旅行業約款・手配旅行契約の部
第一章 総則
(適用範囲)
第一条
1. 当社が旅行者との間で締結する手配旅行契約は、この約款の定めるところによります。この
約款に定めのない事項については、法令又は一般に確立された慣習によります。
2. 当社が法令に反せず、かつ、旅行者の不利にならない範囲で書面により特約を結んだときは、前項の規定にかかわらず、その特約が優先します。

(用語の定義)
第二条
1. この約款で「手配旅行契約」とは、当社が旅行者の委託により、旅行者のために代理、媒介又は取次をすること等により旅行者が運送・宿泊機関等の提供する運送、宿泊その他の旅行に関するサービス(以下「旅行サービス」といいます。)の提供を受けることができるように、手配することを引き受ける契約をいいます。
2. この約款で「国内旅行」とは、本邦内のみの旅行をいい、「海外旅行」とは、国内旅行以外の旅行をいいます。
3. この約款で「旅行代金」とは、当社が旅行サービスを手配するために、運賃、宿泊料その他の運送・宿泊機関等に対して支払う費用及び当社所定の旅行業務取扱料金(変更手続料金及び取消手続料金を除きます。)をいいます。
4. この部で「通信契約」とは、当社が提携するクレジットカード会社(以下「提携会社」といいます。)のカード会員との間で電話、郵便、ファクシミリその他の通信手段による申込みを受けて締結する手配旅行契約であって、当社が旅行者に対して有する手配旅行契約に基づく旅行代金等に係る債権又は債務を、当該債権又は債務が履行されるべき日以降に別に定める提携会社のカード会員規約に従って決済することについて、旅行者があらかじめ承諾し、かつ旅行代金等を第十六条第二項又は第五項に定める方法により支払うことを内容とする手配旅行契約をいいます。
5. この部で「電子承諾通知」とは、契約の申込みに対する承諾の通知であって、情報通信の技術を利用する方法のうち当社が使用する電子計算機、ファクシミリ装置、テレックス又は電話機(以下「電子計算機等」といいます。)と旅行者が使用する電子計算機等とを接続する電気通信回線を通じて送信する方法により行うものをいいます。
6. この約款で「カード利用日」とは、旅行者又は当社が手配旅行契約に基づく旅行代金等の支払又は払戻債務を履行すべき日をいいます。

(手配債務の終了)
第三条
当社が善良な管理者の注意をもって旅行サービスの手配をしたときは、手配旅行契約に基づく当社の債務の履行は終了します。したがって、満員、休業、条件不適当等の事由により、運送・宿泊機関等との間で旅行サービスの提供をする契約を締結できなかった場合であっても、当社がその義務を果たしたときは、旅行者は、当社に対し、当社所定の旅行業務取扱料金(以下「取扱料金」といいます。)を支払わなければなりません。通信契約を締結した場合においては、カード利用日は、当社が運送・宿泊機関等との間で旅行サービスの提供をする契約を締結できなかった旨、旅行者に通知した日とします。

(手配代行者)
第四条
当社は、手配旅行契約の履行に当たって、手配の全部又は一部を本邦内又は本邦外の他の旅行業者、手配を業として行う者その他の補助者に代行させることがあります。

第二章 契約の成立
(契約の申込み)
第五条
1. 当社と手配旅行契約を締結しようとする旅行者は、当社所定の申込書に所定の事項を記入の上、当社が別に定める金額の申込金とともに、当社に提出しなければなりません。
2. 当社と通信契約を締結しようとする旅行者は、前項の規定にかかわらず、会員番号及び依頼しようとする旅行サービスの内容を当社に通知しなければなりません。
3. 第一項の申込金は、旅行代金、取消料その他の旅行者が当社に支払うべき金銭の一部として取り扱います。

(契約締結の拒否)
第六条
1. 当社は、次に掲げる場合において、手配旅行契約の締結に応じないことがあります。
2. 通信契約を締結しようとする場合であって、旅行者の有するクレジットカードが無効である等、旅行者が旅行代金等に係る債務の一部又は全部を提携会社のカード会員規約に従って決済できないとき。
3. 旅行者が、暴力団員、暴力団準構成員、暴力団関係者、暴力団関係企業又は総会屋等その他の反社会的勢力であると認められるとき。
4. 旅行者が、当社に対して暴力的な要求行為、不当な要求行為、取引に関して脅迫的な言動若しくは暴力を用いる行為又はこれらに準ずる行為を行ったとき。
5. 旅行者が、風説を流布し、偽計を用い若しくは威力を用いて当社の信用を毀損し若しくは当社の業務を妨害する行為又はこれらに準ずる行為を行ったとき。
6. その他当社の業務上の都合があるとき。

(契約の成立時期)
第七条
1. 手配旅行契約は、当社が契約の締結を承諾し、第五条第一項の申込金を受理した時に成立するものとします。
2. 通信契約は、前項の規定にかかわらず、当社が第五条第二項の申込みを承諾する旨の通知を発した時に成立するものとします。ただし、当該契約において電子承諾通知を発する場合は、当該通知が旅行者に到達した時に成立するものとします。

(契約成立の特則)
第八条
1. 当社は、第五条第一項の規定にかかわらず、書面による特約をもって、申込金の支払いを受けることなく、契約の締結の承諾のみにより手配旅行契約を成立させることがあります。
2. 前項の場合において、手配旅行契約の成立時期は、前項の書面において明らかにします。

(乗車券及び宿泊券等の特則)
第九条
1. 当社は、第五条第一項及び前条第一項の規定にかかわらず、運送サービス又は宿泊サービスの手配のみを目的とする手配旅行契約であって旅行代金と引換えに当該旅行サービスの提供を受ける権利を表示した書面を交付するものについては、口頭による申込みを受け付けることがあります。
2. 前項の場合において、手配旅行契約は、当社が契約の締結を承諾した時に成立するものとします。

(契約書面)
第十条
1. 当社は、手配旅行契約の成立後速やかに、旅行者に、旅行日程、旅行サービスの内容、旅行代金その他の旅行条件及び当社の責任に関する事項を記載した書面(以下「契約書面」といいます。)を交付します。ただし、当社が手配するすべての旅行サービスについて乗車券類、宿泊券その他の旅行サービスの提供を受ける権利を表示した書面を交付するときは、当該契約書面を交付しないことがあります。
2. 前項本文の契約書面を交付した場合において、当社が手配旅行契約により手配する義務を負う旅行サービスの範囲は、当該契約書面に記載するところによります。

(情報通信の技術を利用する方法)
第十一条
1. 当社は、あらかじめ旅行者の承諾を得て、手配旅行契約を締結しようとするときに旅行者に交付する旅行日程、旅行サービスの内容、旅行代金その他の旅行条件及び当社の責任に関する事項を記載した書面又は契約書面の交付に代えて、情報通信の技術を利用する方法により当該書面に記載すべき事項(以下この条において「記載事項」といいます。)を提供したときは、旅行者の使用する通信機器に備えられたファイルに記載事項が記録されたことを確認します。
2. 前項の場合において、旅行者の使用に係る通信機器に記載事項を記録するためのファイルが備えられていないときは、当社の使用する通信機器に備えられたファイル(専ら当該旅行者の用に供するものに限ります。)に記載事項を記録し、旅行者が記載事項を閲覧したことを確認します。

第三章 契約の変更及び解除
(契約内容の変更)
第十二条
1. 旅行者は、当社に対し、旅行日程、旅行サービスの内容その他の手配旅行契約の内容を変更するよう求めることができます。この場合において、当社は、可能な限り旅行者の求めに応じます。
2. 前項の旅行者の求めにより手配旅行契約の内容を変更する場合、旅行者は、既に完了した手配を取り消す際に運送・宿泊機関等に支払うべき取消料、違約料その他の手配の変更に要する費用を負担するほか、当社に対し、当社所定の変更手続料金を支払わなければなりません。また、当該手配旅行契約の内容の変更によって生ずる旅行代金の増加又は減少は旅行者に帰属するものとします。

(旅行者による任意解除)
第十三条
1. 旅行者は、いつでも手配旅行契約の全部又は一部を解除することができます。
2. 前項の規定に基づいて手配旅行契約が解除されたときは、旅行者は、既に旅行者が提供を受けた旅行サービスの対価として、又はいまだ提供を受けていない旅行サービスに係る取消料、違約料その他の運送・宿泊機関等に対して既に支払い、又はこれから支払う費用を負担するほか、当社に対し、当社所定の取消手続料金及び当社が得るはずであった取扱料金を支払わなければなりません。

(旅行者の責に帰すべき事由による解除)
第十四条
1. 当社は、次に掲げる場合において、手配旅行契約を解除することがあります。
(1)旅行者が所定の期日までに旅行代金を支払わないとき。
(2)通信契約を締結した場合であって、旅行者の有するクレジットカードが無効になる等、旅行者が旅行代金等に係る債務の一部又は全部を提携会社のカード会員規約に従って決済できなくなったとき。
(3)旅行者が第六条第二号から第四号までのいずれかに該当することが判明したとき。

2. 前項の規定に基づいて手配旅行契約が解除されたときは、旅行者は、いまだ提供を受けていない旅行サービスに係る取消料、違約料その他の運送・宿泊機関等に対して既に支払い、又はこれから支払わなければならない費用を負担するほか、当社に対し、当社所定の取消手続料金及び当社が得るはずであった取扱料金を支払わなければなりません。

(当社の責に帰すべき事由による解除)
第十五条
1. 旅行者は、当社の責に帰すべき事由により旅行サービスの手配が不可能になったときは、手配旅行契約を解除することができます。
2. 前項の規定に基づいて手配旅行契約が解除されたときは、当社は、旅行者が既にその提供を受けた旅行サービスの対価として、運送・宿泊機関等に対して既に支払い、又はこれから支払わなければならない費用を除いて、既に収受した旅行代金を旅行者に払い戻します。
3. 前項の規定は、旅行者の当社に対する損害賠償の請求を妨げるものではありません。

第四章 旅行代金
(旅行代金)
第十六条
1. 旅行者は、旅行開始前の当社が定める期間までに、当社に対し、旅行代金を支払わなければなりません。
2. 通信契約を締結したときは、当社は、提携会社のカードにより所定の伝票への旅行者の署名なくして旅行代金の支払いを受けます。この場合において、カード利用日は、当社が確定した旅行サービスの内容を旅行者に通知した日とします。
3. 当社は、旅行開始前において、運送・宿泊機関等の運賃・料金の改訂、為替相場の変動その他の事由により旅行代金の変動を生じた場合は、当該旅行代金を変更することがあります。
4. 前項の場合において、旅行代金の増加又は減少は、旅行者に帰属するものとします。
5. 当社は、旅行者と通信契約を締結した場合であって、第三章又は第四章の規定により旅行者が負担すべき費用等が生じたときは、当社は、提携会社のカードにより所定の伝票への旅行者の署名なくして当該費用等の支払いを受けます。この場合において、カード利用日は旅行者が当社に支払うべき費用等の額又は当社が旅行者に払い戻すべき額を、当社が旅行者に通知した日とします。ただし、第十四条第一項第二号の規定により当社が手配旅行契約を解除した場合は、旅行者は、当社の定める期日までに、当社の定める支払方法により、旅行者が当社に支払うべき費用等を支払わなければなりません。

(旅行代金の精算)
第十七条
1. 当社は、当社が旅行サービスを手配するために、運送・宿泊機関等に対して支払った費用で旅行者の負担に帰すべきもの及び取扱料金(以下「精算旅行代金」といいます。)と旅行代金として既に収受した金額とが合致しない場合において、旅行終了後、次項及び第三項に定めるところにより速やかに旅行代金の精算をします。
2. 精算旅行代金が旅行代金として既に収受した金額を超えるときは、旅行者は、当社に対し、その差額を支払わなければなりません。
3. 精算旅行代金が旅行代金として既に収受した金額に満たないときは、当社は、旅行者にその差額を払い戻します。

第五章 団体・グループ手配
(団体・グループ手配)
第十八条
当社は、同じ行程を同時に旅行する複数の旅行者がその責任ある代表者(以下「契約責任者」といいます。)を定めて申し込んだ手配旅行契約の締結については、本章の規定を適用します。

(契約責任者)
第十九条
1. 当社は、特約を結んだ場合を除き、契約責任者はその団体・グループを構成する旅行者(以下「構成者」といいます。)の手配旅行契約の締結に関する一切の代理権を有しているものとみなし、当該団体・グループに係る旅行業務に関する取引及び第二十二条第一項の業務は、当該契約責任者との間で行います。
2. 契約責任者は、当社が定める日までに、構成者の名簿を当社に提出し、又は人数を当社に通知しなければなりません。
3. 当社は、契約責任者が構成者に対して現に負い、又は将来負うことが予測される債務又は義務については、何らの責任を負うものではありません。
4. 当社は、契約責任者が団体・グループに同行しない場合、旅行開始後においては、あらかじめ契約責任者が選任した構成者を契約責任者とみなします。

(契約成立の特則)
第二十条
1. 当社は、契約責任者と手配旅行契約を締結する場合において、第五条第一項の規定にかかわらず、申込金の支払いを受けることなく手配旅行契約の締結を承諾することがあります。
2. 前項の規定に基づき申込金の支払いを受けることなく手配旅行契約を締結する場合には、当社は、契約責任者にその旨を記載した書面を交付するものとし、手配旅行契約は、当社が当該書面を交付した時に成立するものとします。

(構成者の変更)
第二十一条
1. 当社は、契約責任者から構成者の変更の申出があったときは、可能な限りこれに応じます。
2. 前項の変更によって生じる旅行代金の増加又は減少及び当該変更に要する費用は、構成者に帰属するものとします。

(添乗サービス)
第二十二条
1. 当社は、契約責任者からの求めにより、団体・グループに添乗員を同行させ、添乗サービスを提供することがあります。
2. 添乗員が行う添乗サービスの内容は、原則として、あらかじめ定められた旅行日程上、団体・グループ行動を行うために必要な業務とします。
3. 添乗員が添乗サービスを提供する時間帯は、原則として、八時から二十時までとします。
4. 当社が添乗サービスを提供するときは、契約責任者は、当社に対し、所定の添乗サービス料を支払わなければなりません。

第六章 責任
(当社の責任)
第二十三条
1. 当社は、手配旅行契約の履行に当たって、当社又は当社が第四条の規定に基づいて手配を代行させた者(以下「手配代行者」といいます。)が故意又は過失により旅行者に損害を与えたときは、その損害を賠償する責に任じます。ただし、損害発生の翌日から起算して二年以内に当社に対して通知があったときに限ります。
2. 旅行者が天災地変、戦乱、暴動、運送・宿泊機関等の旅行サービス提供の中止、官公署の命令その他の当社又は当社の手配代行者の関与し得ない事由により損害を被ったときは、当社は、前項の場合を除き、その損害を賠償する責任を負うものではありません。
3. 当社は、手荷物について生じた第一項の損害については、同項の規定にかかわらず、損害発生の翌日から起算して、国内旅行にあっては十四日以内に、海外旅行にあっては二十一日以内に当社に対して通知があったときに限り、旅行者一名につき十五万円を限度(当社に故意又は重大な過失がある場合を除きます。)として賠償します。

(旅行者の責任)
第二十四条
1. 旅行者の故意又は過失により当社が損害を被ったときは、当該旅行者は、損害を賠償しなければなりません。
2. 旅行者は、手配旅行契約を締結するに際しては、当社から提供された情報を活用し、旅行者の権利義務その他の手配旅行契約の内容について理解するよう努めなければなりません。
3. 旅行者は、旅行開始後において、契約書面に記載された旅行サービスを円滑に受領するため、万が一契約書面と異なる旅行サービスが提供されたと認識したときは、旅行地において速やかにその旨を当社、当社の手配代行者又は当該旅行サービス提供者に申し出なければなりません。

第七章 営業保証金
(営業保証金)
第三十一条
1.当社と募集型企画旅行契約を締結した旅行者又は構成者は、その取引によって生じた債権に 関し、当社が旅行業法第七条第一項の規定に基づいて供託している営業保証金から弁済を受けることが できます。
2. 当社が営業保証金を供託している供託所の名称及び所在地は、次のとおりです。
一、名称   東京法務局供託課
二、所在地 東京都千代田区九段南一丁目一番十五号

 

————————————————————————–

以下は、ペット同伴可能な施設で利用者のみ対象

【犬同伴滞在に関する同意書】

施設への犬同伴での滞在にあたり、下記の事項を理解し遵守することに同意します。

◎滞在条件

1. 施設に同伴できるペットは犬のみとし、各施設ごとに定められた頭数、大きさを厳守すること。また、他の動物は持ち込まないこと。

2. 家庭犬として他人に迷惑をかけない最低限度のしつけがされていること。

3.トイレのしつけがされており、無駄吠えや施設破壊をしない犬であること。

4. 狂犬病とウイルス性伝染病の予防注射(5種以上の混合ワクチン)を受けており、接種後2週間以上1年未満であること。

5. 接種後2週間以上1年未満であることを証するウイルス性伝染病の予防注射の接種証明書コピーを、ご予約成立時に株式会社STAYCATIONへメールまたはFAXで提出すること。

6. 闘犬を目的とする犬ではないこと。

7. 生後4ヶ月以上の犬であること。

8. ノミ・マダニの駆除対策を済ませてあること。

9. 雌犬の場合、生理開始から4週間以上経過した犬であること。また、滞在中に生理になる可能性が無いこと。妊娠状態でないこと。

◎ご利用にあたっての遵守事項

1. 犬が滞在できる場所は各施設ごとに異なるため、定められた場所を厳守すること。

2. テラスや階段は十分注意すること。

3. 犬だけを室内に残して外出しないこと。

4. 外出から室内に戻る際には、必ず外の洗い場などを利用し汚れを落とすこと。

5. ベッド・ソファ・椅子・テーブル・クローゼットに犬を上らせないこと、寝かせないこと。

6. 建物、家具、什器、備品、植木、その他に損壊を与えないよう十分留意し、破損並びに損傷した場合は、損害費用を負担すること。

7. 施設に備え付けのタオルは犬には使わないこと。

8. 室内および玄関脇の足洗い場でのシャンプー、およびトリミング行為をしないこと。

9. 室内または敷地内で万一排泄行為があった場合、糞便は玄関ポーチのゴミ箱に処理するとともに、衛生的な後始末をすること。

10. 犬と外出される場合、近隣住民のご迷惑とならないよう、必ずリード(引き綱)を付けること。また糞は責任をもって持ち帰り、玄関ポーチのゴミ箱に処理すること。

11. 動物の愛護および管理に関する法律、狂犬病予防法、その他関係法令等に規定する飼い主の義務を遵守すること。

◎確認事項

1. お申し込み内容に虚偽があった場合や、ご滞在にご宿泊者および同伴犬が本規約に違反し、著しく近隣住民への迷惑や危険、事故を引き起こした場合には、ご宿泊をお断りする場合がございます。

なおその場合でも、ご利用料金はご返却できませんのであらあじめご了承ください。

2. 同伴犬の滞在に関して万が一、怪我、逃走、死亡事故等が発生いたしましても、当施設は一切責任を負いかねます。

3. 同伴犬に起因して当施設または第三者が損害を破った場合は、ご宿泊者様に当施設または当該第三者に対して、その損害を賠償していただきます。

 

以上

株式会社 STAYCATION

 

 

Page Top