【重要】新型コロナウイルス感染症に関するお知らせ

◎新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する特別キャンセルポリシー(2021年)

STACYATIONの掲載施設の多くは一組貸切の別荘(不特定多数の出入りがない施設)で、換気と館内消毒をしっかりしてお客様へ提供しております。尚お客様および施設を管理するスタッフの安全のために、下記の通り特別キャンセルポリシーを定めさせていただきます。

Go To トラベル事業を利用した旅行についてはこちらをご覧ください。


 お客様と施設の安全のため、以下の場合はご予約をお断りします
1, チェックイン前の14日以内に日本国外(外国)に滞在履歴がある方

2, 医療機関や保健機関によりCOVID-19陽性と診断された方
(*)予約中止による全額返金には、チェックイン3日前までに診断書の提出が必要となります。
(*)チェックイン数日前にCOVID-19感染の疑いにより検査をされた方(もしくはその濃厚接触者)で、チェックイン3日前までに診断が確定しない場合にも必ずお知らせください。今回日程での入館はお断りし、期間限定で、ご希望日(感染予防期間を空けた日程)への振替措置とさせていただきます。変更後の料金が高い場合は、差額のお支払いが必要です。
(*)感染(疑いを含む)もしくは濃厚接触者であることを隠して入館された場合には、違約金および消毒などにかかる経費を申し受けます。

3, 政府や行政機関からの命令・規制、交通制限ほかの諸事情により、スタッフが施設を準備できない場合
 もしくは、弊社が施設の安全を担保できないと判断する場合

 お客様のご希望があれば、以下の場合は無料キャンセルを承ります
1, COVID-19の感染拡大と関連して全ての交通手段が絶たれた場合
(*)航空会社や陸上交通会が運航・運行を取りやめ、道路網も遮断された状況です。

 お客様のご希望があれば、緊急事態宣言期間中は、期間限定で「日程変更」を承ります
1, 緊急事態宣言の発令前(2021年1月7日まで)に入った予約への特別措置として
(*)お客様からは、緊急事態宣言の発令直後を除き、チェックイン5日前までにご申告が必要です。
(*)該当地域からお越しのお客様、又は該当地域に施設がある場合に限ります。
(*)変更後の料金が高い場合、差額のお支払いが必要です。
(*)日程変更後に新日程をキャンセルされる場合には、変更時(元の日程)のキャンセル料率、もしくは新日程のキャンセル料率のうち、厳しい方が適用されます。なおキャンセル返金時の振込手数料は、お客様負担です。
(*)一部の施設は対応できません。また緊急事態宣言の発令後に入った予約は対象外です。

 


新型コロナウイルスが原因とみられる肺炎について、日本政府からの情報をお知らせ致します。

◎日本政府観光局のコールセンター
日本政府観光局(JNTO)では、365日24時間多言語(日、英、中、韓)で対応可能なコールセンター(Japan Visitor Hotline)や公式SNSにより、旅行者に対し、発熱や呼吸器症状等がある場合には、具体的な医療機関を案内し、事前連絡を行った上で医療機関に受診すること等を推奨しています。

コールセンターでは、外国語対応が可能な医療機関を紹介するだけでなく、お問い合わせいただいた旅行者の状況に応じて、丁寧なアドバイスの提供などワンストップで対応することが可能です。

コールセンター(Japan Visitor Hotline)tel  050-3816-2787
公式Twitter

◎首相官邸からの感染症対策の情報
首相官邸ホームページに別添の新型コロナウイルスを含む感染症対策の情報(日本語版)が掲載されております。新型コロナウイルスを含む感染症対策方法として、一般的で、より詳しい内容が記載されておりますので、あわせてご活用ください。

関連参考リンク: 首相官邸公式ウェブサイト
(各都道府県の新型コロナウイルスに関するお知らせ・電話相談窓口)

Page Top