【支配人】三浦の畑に学ぶ

気がつけば師走。
英語とか、知識の向上とか、新年の誓いが何も達成されないまま今年も過ぎようとしております(汗)

さてそんな支配人の小っさい煩悩も吹き飛ばすような景色を見学してきました。三浦を拠点とする、農業法人・有限会社 八百辰さんの畑です。
安全で美味しく、バラエティに富んだ野菜の栽培にこだわり、契約しているレストランは都内・横浜・三浦合わせて500店舗にものぼるそう。八百辰さんの野菜じゃなきゃダメというレストランや、珍しい品種を見つけると栽培を依頼してくる料理人も。

除草剤は使わず、全て露地栽培し、レストランには朝採り・新鮮な状態で配送するシステムを完備。そしてもちろん、80人もの従業員のために利益を上げる。農家が自分の家で食べるような(つまり一番美味しい)野菜を、きちんとビジネスとして循環しながら提供する、凄い農業法人!

1_畑

10_畑

2_社長
かっこいい社長の原さん!プロとしてのオーラが溢れています。畑でも会社でも、常に新しいアイデアでフル回転とお見受けしました。

3_からし菜
*からし菜 弾力があって、生命力がみなぎってる!これめっちゃ美味しいです。

4_ミント
ミント、ルッコラなどハーブ類も全て露地栽培なんですって。
水耕栽培とは野性味が違います。香りも良くて、虫など寄せ付けないような力強さ。
珍しいハーブも山盛り(ガーデンクロス、シュクリーヌなどなど)

7_オイスターリーフ
これ何かわかりますか?(わからないと思いますが、、、)
オイスターリーフといって、食べると生牡蠣の風味がする不思議な野菜!
本当に牡蠣の味がするんです。種を仕入れて試しに育ててみたそう。種は一粒あたり百円もします!!

6_芽キャベツ
これは芽キャベツです。アンタ達、こんな風になってたの?!と驚きました。スーパーのパック入りでしか見たことがなかったものですから、、、

5_畑
三浦のあちこちに畑が点在しているので、斜面も上手に活用されています。野菜は三毛作で栽培し、珍しい野菜の多品種ラインナップではどこにも負けないと!
三浦といえば三浦大根が有名ですが、紅芯大根、むらさき大根、紅くるり、、、大根だけでも色とりどり。バーニャカウダをはじめ、どんな料理に合うか研究されてとのこと。野菜の作り手側が、レストランのお皿の美しい完成形をイメージしている事にハッとしました。

ここまで美しい畑・おいしい野菜と、それを支えるバックシステム(ロジや受注システム)を完成させるまでには、スタッフの皆さん達の努力とたゆまぬ改革があってこそと思います。
畑の生命力と、社長の原さんの理念と実行力から学びの多い一日でした。明日からまた頑張ろうっと!

・八百辰 http://www.yaotatsu.co.jp

★三浦半島巡りの拠点に、リゾート貸別荘もおすすめ★
・Nowhere but Akiya01   https://www.nowhereresort.com/acc/nowhere-but-akiya01/
・Nowhere but Sajima  https://www.staycation.jp/acc/acc-327/
8_畑

パスワードの再設定

登録メールアドレスを入力ください。
新しいパスワードをメールにてご案内いたします。