STAYCATION

森の隠れ家ロッジで過ごす、冬の白馬

スタッフが体験!冬の白馬の楽しみ方

  • Location: 長野|白馬 Villa Antelope Hakuba
  • Date: 2017.03.06-2017.03.08

新関 聖枝(STAYCATION staff )

STAYCATION 施設管理&コンタクトデスク業務担当。今回は数年ぶりに白馬を訪れました。スキーやボードをやる人はもちろん、ウィンタースポーツとは無縁、、という方も楽しめる、冬の白馬をレポートします!

私にとっては数年ぶりの白馬でした。以前訪れた時はスノーボードばかりしていて、恥ずかしながらスキー場をはしごしていた記憶しかありません^^… が、今回はSTAYCATIONらしく、暮らすような旅をテーマに、ウィンタースポーツとは無縁…という方にも楽しんでもらえるような、冬の白馬ならではの過ごし方を、現地インストラクターの澤田さん(*)にレクチャーいただきながら体験してきました。


東京から車で約4時間、Villa Antelope Hakubaに到着

東京を朝8:30に出発し、途中安曇野でランチタイムを挟んで、午後14時ごろ白馬へ到着。
この日の白馬は、曇り時々晴れ。雪の状況が心配でしたが、どの道も除雪されていて乾いた状態だったので、スムーズに辿りつきました。
施設のある白馬 エコーランドは、コテージや別荘が多く並ぶエリア。施設は『ごりゅう南通り 4丁目』通りにあるので、看板を目印にしてくださいね。

木の香りに癒される、快適な室内

Villa Antelope Hakubaは、昨年(2016年)12月に建ったばかりの新しい建物。
玄関を入ると、まず木のいい香りが!すでに室内は温められていて、あっという間に寒さが吹き飛びます。
アウトドアウエアやスキー板を収納するためのスペースや、外国の方にも分かりやすいよう整えられたランドリールームなど、随所に細やかな気配りが感じられる心地よい空間。
一瞬で癒されるこの快適な空間に、すでにリピーターさんがいるのもうなずけます。

ひと休みしたら、周辺散策へ!

夕飯まで少し時間があるので、施設管理&アウトドアインストラクターの澤田さんに、おすすめのお店やスポットを案内していただくことに。
まずは、施設からほど近い『白馬ジャンプ台』へ連れて行っていただきました。
いつもTV越しで見ていたジャンプ台を間近で見ると言葉にならない大迫力!
夕方だったのでほとんど人気はありませんでしたが、地元の小学生や中学生も練習しているそうです。

実際に飛んだらどんな景色が見られるのでしょう。

季節ごとにいろんな酵母で作る、絶品パン

もともと酵母を研究されていた方が作られているという、天然酵母のパン屋さん『Koubo-nikki』。季節によって酵母を変えて作るそうで、店内の窓際に「酵母発酵中」と書かれたた、要のビンが!
美味しそうなパン達に目移りしてなかなか決められないスタッフ。。朝食用の食パンをはじめ、数種類購入。中でも、お店のお母さんと澤田さんが口を揃えておすすめしてくれたブルーチーズのパンは絶品でした!滞在中の朝食はもちろん、夕飯にもおすすめなのでぜひご賞味あれ!

白馬のクラフトビールで夜ご飯!

夜ご飯は白馬岩岳スキー場にある『Hakuba Brew Pub』へ。ここは、イギリス人のオーナーが数年前にオープンした白馬オリジナルのクラフトビールが飲めるお店です。レストランのすぐ隣には製造所があり、生産量に限りがある貴重なフレーバーも、この日は生でいただけました!(スーパーでは瓶ビールの購入可能。)

ここ数年、白馬は欧米からのスキーヤーが多く、この日も店内にいる日本人は私たちだけ。ダーツで盛り上がるグループや、ピアノとギターでセッションを始めるカップルをはじめ、ほろ酔いスキーヤーたちの英語が飛び交う空間で食べる夕飯は、なんとも貴重な体験でした!

→翌日のスノーシュー体験は後日公開!


*今回ご協力いただいた澤田さんは、スキー、スノーシュー、クロスバイク、トレッキングなど様々なアクティビティのインストラクターです。アクティビティはもちろん、滞在中は天気やお客様に合わせてオススメの過ごし方をアドバイスしてくださるので、ぜひオリジナルの過ごし方で冬の白馬を楽しんでください!

おすすめのスポット

SPOT1: そば処 時遊庵 あさかわ

安曇野で評判のお蕎麦屋さん。写真は『わさびの花芽ざる蕎麦』。のどごしが良く、ボリューム満点の美味しいお蕎麦でした。広いお庭には散策ルートが作られていて、様々な野草を楽しむことができますよ。

住所:長野県安曇野市穂高有明8053-4

SPOT2: ジェラートショップ花彩(はないろ)

施設から車で5分ちょっとの場所にあるジェラート屋さん。毎朝手作りされるアイスは、なめらか濃厚!日替わりや季節限定などたくさんのフレーバーが並びます。
地元の人はもちろん、午後になると一滑り終えたスキーヤーたちが続々とお店へやってきます。

住所:長野県北安曇郡白馬村北城みそら野831-76

SPOT3: 白馬ジャンプ競技場

ぜひリフトに乗ってジャンプ台のスタート地点へ!大会期間外であれば、通年見学可能です。金色のリフトやメダリストの足型、長野オリンピックの聖火台などみどころたっぷりのおすすめスポット。

住所:長野県北安曇郡白馬村八方

SPOT4: Koubo-nikki

観光客はもちろん、地元の人にも愛されるパン屋さん。(常連の外国人の女の子が、“いつもの”パンを小脇に抱えて帰って行った姿が印象的。)滞在中のごはんやおやつ、自分の家のお土産用と度々訪れたくなる美味しさです。次に行く季節の酵母もまた楽しみのひとつ。

SPOT5: スーパー アップルランド白馬店 & VEGEMAITE

23時まで営業しているアップルランド。滞在中の食材は一通りそろいます。
店内にはオーストラリア人の食のマストアイテムという『VEGEMAITE-ベジマイト-』も売っています!(張り紙には「勇気のある方是非お試しください。」との一文も。)ベジマイトは白馬のスーパーならどこでも取り扱っているそうですので、思い出にぜひ。

住所:長野県北安曇郡白馬村北城8718

SPOT6: Hakuba Brew Pub

白馬のオリジナルクラフトビール製造所&パブ。
元スキー場のホテルだったという店内は、イギリス人オーナーのセンスが光る、レンガとアンティーク家具が並ぶクラシックな雰囲気。ビールやおつまみを楽しみつつ、外国に来たような雰囲気を味わってほしいオススメのお店です!

住所:長野県北安曇郡白馬村北城11420−1 リゾートイン白馬本館

施設紹介

Location: 長野|白馬 Villa Antelope Hakuba

白馬エコーランドエリアにある、新築のロッジ。
ホテルのようにキレイに整えられた室内は、とても快適に過ごすことができます。
季節を問わず楽しめる白馬へぜひ!

ご利用単位:1日以上~
エリア:白馬、エコーランドエリア
ご利用人数:4〜6名

施設詳細

※Eメールアドレス & パスワードは、Nowhere resortサイト(https://www.nowhereresort.com/)と共通でご利用いただけます。

※こちらは、ゲストのご予約確認ページへのログイン画面です。

パスワードの再設定

登録メールアドレスを入力ください。
新しいパスワードをメールにてご案内いたします。